同じ悩みで行き詰まる!内観に限界を感じている時の意識の使い方

この記事はこんな方にお勧め

  • 内観を習ったのに手ごたえがつかめない
  • いつも同じ悩みで行き詰まる
  • 内観しても表面的な解消でスッキリ感がない
  • 内観初期のようなインパクトのある気づきが起きない
  • 心の変化・成長を感じられなくて焦る

 

「ただ、わかってあげるだけ」の重要性を理解する

内観を深めるには心の状態を「ただ、わかってあげるだけ」のコツをつかむこと。心の状態をわかってあげるとは、気づく、認める、理解する、腑に落ちる、許しに至る、受け入れる、など様々な種類の「わかってあげること」を意味します。

内観をしても、これといった発見や気づきの手ごたえがなかったり、悶々と心の答え探しをして疲れてる人が意外と多いです。

 

内観の効果・手ごたえ・実感がない

内観する時は敢えてネガティブな気持ちと向き合うことで深い気づきや自分への目覚めに繋がります。しかし、ネガティブな気持ちと向き合うというのはなかなかしんどいですよね。内観をはじめる前に重要なことは、内観を苦しまずにできるようになる初歩的な予備知識を知っておくことです。苦しい気持ちでやるより楽しく意欲的に取り組める方が内観効果も上がるし変化を実感できます。

ネガティブな気持ちと向き合うのが楽しいってどういうこと??と疑問に思う人も多いでしょう。内観が苦しくなるおおまかな原因をいくつかご紹介します。当てはまるものがあれば参考にいてみてください。

嫌な感情に気持ちが引っ張られる

嫌な感情を味わうと苦しくなってしまいます。心の反応を俯瞰(ふかん)して内観の意識体勢を整えましょう。

無意識の抵抗が発動してる場合

無意識の抵抗とは、長年自分の心と身体を保ってきたバランスをスタイル変更してしまう危険察知、とも言えます。簡単な言い方をすれば「変化への恐れ」とも言えます。この無意識の抵抗が作動している場合、前に進みたい気持ちばかりを優先することで、さらに強く抵抗感が出ることも少なくなりません。

内観中、あるいはセッション中にその抵抗感に気づいて少しずつ緊張感をゆるめる必要があるので、安心安全を確かめつつ必要なプロセスを丁寧に勧めましょう。

理想の変化を期待し過ぎている

内観は心の辛さを軽くする効果的な取り組みであると同時に、本質は「自分の想いを大切にする心の姿勢・在り方」です。大切にすべき「自分の想い」とは前向きな感情や考えだけでなく、ネガティブに揺れ動く機微も含め、大切な自分の想いであるのだと理解することが大切です。

ところが、私達は、希望をもって前向きに進みたい生き物がゆえに、自然体な心の反応・感覚よりもみっともない自分になりたくない、期待する答えに寄せて正しい自分で在ろうとする習性をもっています。そんな習性を理解しつつ自然体な自分を不自然にコントロールしないよう、正直な心の反応をキャッチできるようになりましょう。

自分の状況や心境に合わせた具体的な内観サポートはこちら➡体験相談

 

腑に落ちない不快さ

内観しても、なんだかイマイチ整理がつかない、しっくり納得できない、同じ悩みで行き詰まりを感じてしまう時、その瞬間感じているのは「どうしたらよいのかわからない」「自分の本音がわからない」「なぜこんな気持ちになるのか原因がわからない」という感覚の場合が多いです。

私達は、この「わからなさ」を不快に感じます。すると反射的に思考が答え探しを始める、これが人間の習性です。

心の状態をわかってあげるには、「わからない」という不快さ・微細な緊張状態も含めて気づく、認める、理解する、腑に落ちる、許しに至る、受け入れることを意味します。大きな悩み、緊張、苛立ち、迷いだけでなく、小さな心の動きにも寄り添うことを大切にしましょう。

 

「わからななさ」への寄り添い

既に書いたように、私達は「わからない」という感覚が不快に感じます。その「わからない不快さ」に気づいて、その不快さ心底認めてみるとどう感じますか?

わからない不快さが分解され、不安、焦り、恐怖、悔しさなど様々な成分があることに気づくかもしれません。それらの感情と「ただ共に在る」という感覚を育てましょう。マインドフルネスのようなとても静かな感覚です。感情の中に入って浸るのではなく、横にそっと寄り添うだけ。過剰な言葉がけや慰(なぐさ)めも必要ありません。

やってみると感じていただけると思うのですが、この意識使いが意外と難しいんですよね。感覚に集中しないと出来ません。しかしやっていることは非常に単純なのでコツをつかむと、感情のゆるみだけでなく、感情と連動してこわばっていた体もフワ―っとゆるむのをはっきり体感できます。

在るものと、共に在る。「無い」の存在と共存する。この在り方を意識する。。。

一体なんのこっちゃ・・・って感じかもしれませんが(笑)今日はちょっとマニアックな記事を書いてみました。

ゆるみの中で何が生まれるか、生まれたものや生まれなかったことをただ受け止めてみてください。何か生まれれば、それに繋がり、生まれなかった場合に残るのは安心だと体感するでしょう。

文章ではなかなか伝わりにくいですが内観の実践をしながら感覚を味わうと分かりやすいです。このサポートはお客様の状況に応じて内観研究室で行っています。

嫌な感情に寄り添うことを想像するだけで体が委縮する、緊張する、心がキュッと苦しくなる方は、この記事に書いた内容を無理やり実践する必要はありません。ご自身の体感に合わせた寄り添いとはどのような感覚なのか、体感的に覚えるとセルフでも状況に合わせた内観を活用できるようになります。ご興味ある方は内観サポートをご利用ください。

 

わたしで在ることに安心して生きるために本来の自分に目覚める場所 TrueFaceの内観サポートの内観サポートとは

 

問い合わせ
アクセス

問い合わせ

アクセス

最近の記事

  1. 愛され恐怖症 愛されたいのに愛されるのが苦しい
  2. やりたいことがわからない 自分にフィットする内観
  3. 自分の気持がわからない実例
  4. 優しい自責タイプが内観で自己否定をやめる時
  5. 内観して自分の軸を持つ女性の笑顔

RSS アメブロRSS

PAGE TOP