自分のやりたいことがわからなくなる時、自分にフィットする答えを見出す内観法

「自分のやりたいこと」と言っても、それが「生きがい」の意味を指してるのか、職業のことなのか、言葉の景色は人によって大きく違います。

 

この記事では、一例として「今後の職業選択も含め、自分の心が満たされるような打ち込める何かがわかりたい」という意味合いでお話していきますね。

 

やりたい選択肢が見当たらない

現状を変えようとしている時や、新らたな何かを求めていても、自分のやりたいことがわからなくなる時って、「これなら!」っていう選択肢が見当たらなくて、どれもしっくりこないモヤモヤがありますよね。

選択に迷う女性/Aこれは無いな、B心潰れちゃいそう、C出来ると思えない・・・/心の声「マイナス思考が悪いのかな」「もっとイイ選択肢が欲しい」「どうしよう自分の気持がわからない」「とはいえこのままはもう限界…」モヤモヤを内観

内観法を習得すると、自分に合う選択肢を増やしたり自分にフィットする答えを見出せるようになります。

 

自分にフィットする答えを見出す内観

自分のやりたいことがわからなくなった時は、まず現在地を把握しましょう。

現在地というのは、今どんな心境になっているのかを把握するってこと。

感情や思考がグルグルしている場合は、グルグルから抜け出して全体像を把握してからが内観の始まりだと言ってもいいくらい、現在地を把握するのが大事。

最初からバシッと気持ちを整理整頓して見えるわけではないので、まずは今感じていることを人に話すようにそのまま書き出してみるのもOK。

例えば、
「私の仕事は体力的にハードなんだけど、それにしても今の職場は若い子が多くてそろそろ体力も精神的にもしんどくなってきた」とか
「今後のことを考えなきゃいけないんだけど、強い意志も自信もなくて決めきれない」とか、心模様をそのまま吐き出す感じでいいんですよ。

これだけでも不安、焦り、迷いなどの感情がくみ取れますよね。

 

個性をつぶさないで内観するにはフィット感が大事

じゃぁ、なんでこんなに不安なのか、何を連想して焦ってるのかなど、もう少し「感じていることを具体的に言語化」してニュアンスを掴んでみましょう。

内観して不安な気持を掘り下げる女性(自分の気持がわからなくなる時の不安)

ほんの一例ではありますが、実際によくある心の中のつぶやきをご紹介しますね。

心の中のつぶやき例

「本当にこれでいいのかモヤモヤしたまま、周りの目も気にし続ける毎日が続いたらどうしよう


「なんとなく本音の近くまで来てる気がするんだけど、いつも途中から自己嫌悪や無価値感に襲われてわからなくなる


「もっと自分のこだわりや個性を貫きたい・・・。って思う自分を恥ずかしくてかき消しちゃう。自信ないし、よっぽど頑張れる気合もないし、自分にはそんなこと願う資格ないよなぁってションボリする

 

ここに書いたものはあくまでも一例です。内観としては入り口に過ぎません。

やりたいことがわからない、その「わからなさ」の成分は人それぞれ独自のパーツが掛け合わされて成り立っています。

不安で焦ってる時は、早く納得いく答えにたどり着きたくなるもの。どうしても「じゃあどうすればいいの?」と不安や焦りを落ち着かせる行動をとりたくなります。しかし実際は

不安や焦りにもオリジナリティが詰まっているので本当ならここも、すごく大事に丁寧に着目したいポイントなんだけど…

その不安や焦りから逃れたい衝動(自己防衛)が強く作動して【表面的な納得感】と【自分への言い聞かせ】【ここから先は立ち入り禁止(心身抵抗)】をして一線超える内観にならないこと、意外とあるんですよ。

深層に進む内観力や、自己防衛を理解し大事にしながらも新たな可能性を見出せるような【自分との繋がりを育む】ってすごく価値あることだと思います。自分の個性を潰さないで未来に向かいたいし、腑に落ちる位のフィット感で本当の自分の気持ちをわかりたいよね。

 

自分なりの答えに近づく内観をするには

自分にあう選択肢を見出すには、特技を活かしてできることや、得意とまではいかないけど「これなら苦じゃない」ような何かだと考える人も多いですが、それだけでは、自分にフィットするような答えにはたどり着きません。なぜならアバウトすぎるからなんです。

よく聞く内観のやり方としては、

【自分が思ってることや感じていることを書き出して、なぜそう思ったのか、なぜそう感じるのか、誰に植え付けられた価値観なのか、親か、先生か、、、これって今はもう必要ないトラワレだよね。】みたいな流れが一般的。

これが全てではないですが、TrueFaceの内観プログラムにもこの流れはあって、一つ一つの進み方がめちゃくちゃ遅いのが特徴です。繊細な隙間に潜む情報にも重要なメッセージが眠ってることもよくあるし、ひとつの心の動きをとっても膨大な情報量があるからなんです。たとえば

「もうこんな、やっても仕方がないことを頑張るの嫌になった」というたった一行、数十秒で読み終わる気持ちでも場合によっては20分くらいかけて丁寧に咀嚼します。すると

一番初めは「まぁ、こういうもんだから仕方がないんだけどさぁ」なんて余裕ある口調で話していたことも、5分後には怒りに変わり、10分後には悲しみに変わり、15分後には泣き笑いに変わり、20分後には感動で言葉を失う、なんてこともあるんですよ。

このプロセスの中には、無自覚だった心の傷に気づき、痛みに気づき、強がりに気づき、弱さを許し、願いに気づき、本当の痛みに気づき、根っこにあった愛を感じるなにかに気づき、その傷が癒され、たと思いきやそれでも終わらず、そのまた奥には自分自身の愛が待っていたと気づく、な~んて感じで、気づきが沢山詰まっています。内観を習得するとこんなことが人生の中で何度も起こります。

こうした丁寧な内観をするには、答えを早急に求める焦りが鎮まる必要があるのでそのためのプロセスも大事だし、見たくない自分だとしても温かい目を向けて耳を傾けたいというご本人の意欲も必須。内観てやること自体は「自分と対話する」だけなんだけど、実際はその場に生まれる流れに身を任せ対応できる「意識・知識・感度」が必要です。

 

仕事を辞めるか迷っていたAさん

やりたいことがわからなくなる内向的な女性「アクティブじゃないとダメなのかな」「私のままじゃダメなんだろうな」
内観のご感想

安定した職業なので簡単にやめようと考えていたわけではないけど、体力的にも精神的にもしんどくて何年も迷ってた。

時代が「自分らしく生きて良い」という雰囲気になったこともあり、心のこと、自分の生きづらさのことに関心がわいた。真剣に向き合えば私ももっと可能性が広がると思いました。色んなネット情報をみて試したけど、いわゆる「自由に生きてる人」のような強さは自分にはなくて自信のなさにガッカリしてました。でも

紀子さんのもとで内観を学べたお陰で、あの時ネットの情報に流されて感情的に仕事を辞めなくて本当に良かったと思います。ちゃんと自分のフィット感で、やめる理由も、やめるタイミングも決めれたことが大きな自信になった。決めたときはすごく前向きだったし、結局今は本当にやりたいことをやって充実してます。

 

本当にやりたいことを発揮したかったBさん

自分の感覚に自信を持てなかった女性が内観でたどり着いた「まさにこれが自分の気持ち」という嬉し涙

特別何かに不満があったわけじゃないけど、幸せを受け取り切れないブレーキ感がずっとありました。いわゆるアダルトチルドレンとか愛着障害とかに当てはまる感じ。自信が無くて、自分の感覚を信じれなかった。何がしたいのか、自分の本音ってどれなのかわからなかった。でも内観やノートワークが習慣になって少しずつ自分の気持がわかるようになりました。

表現しきれない私ならではの気持をドンピシャで言葉にしてもらえたり、なかなかわかってもらえないような小さな気持ちも丁寧に観る感覚を得て、本当に自分らしいやりたいことって何なのかにたどり着いたら、ずっと願ってた夢に再会できた。

 

本当に探している答えとは?

内観は「自分と向き合う」というシンプルなもの。だけど、何を目的にどんな意識状態で内観するかによって内観の質も方向性も大きく変わります。アダルトチルドレン、愛着障害、過去のトラウマなどによる防衛本能が作動して、鎧(よろい)を増やして肩ひじ張ってしまう場合もあるし、それらを理解の上でどう歩むかも大事。

内観サロンTrueFaceは、

【これまで親の価値観や周りのご機嫌に合わせて、自分の表現力を引っ込めてきた女性】が
自分の感覚を信じれる安心感を取り戻し「他の人は分かんないけど私は最高に素敵だと思う!」と自分の選択に堂々と在れたり

【自由に選びたいけど自分で決めるのは怖い、自分を信じれない、という感覚が定着してしまうほど心の傷・生きづらさを抱えていた控えめさん】が
自然体な自分に「私は大丈夫」と安心できるようになって、自分にフィットする答えを自分で見出せる力を取り戻すお手伝いをしています。

心のこわばりと向き合って、自分の殻を温かく溶かしていきたい人はこちらもチェックしてみてください☆
↓↓↓

 

TrueFaceが大切にしてる想い

わたしで在ることに安心して生きるために本来の自分に目覚める場所 TrueFaceの内観サポートの内観サポートとは

Instagram 内観サロンTrueFace

 

問い合わせ
アクセス

問い合わせ

アクセス

最近の記事

  1. 形となっているものの背景におもんばかる温かさ
  2. 内観ノートのコツは自分への質問力
  3. ありのままの辛さを許せた体験
  4. 自分の頑張りを認められるようになった

RSS アメブロRSS

PAGE TOP