人に理解されなくて辛い「幸せ恐怖症」・幸せへの抵抗を克服するプロセス

幸せを求める自分と幸せを避ける自分 意識 手

人に理解されない悩み・まるで幸せ恐怖症??

  • 辛い思いをする位なら、はじめから幸せなんて望まない方がいい
  • 目の前に問題があるわけじゃないのに、幸せを失う不安で心が重くなる
  • 嬉しい!と感じたり幸せを感じると、悪いことをしてるような負い目を感じる

 

幸せを感じると心がギュッと苦しくなる人や、幸せが近づくと想いに反して望まない方向へ進めてしまう人は、幸せになることに無意識の抵抗をしているかもしれません。

 

なぜ幸せを拒むのか

この記事を読んでいるあなたは、生きづらさの原因は生まれ育った家庭環境が影響している、なんて話は耳にタコかもしれませんが、ここでもやっぱりそんなお話をさせてくださいね。

私達は養育環境と自身の体質・気質の影響をうけて価値観や強い信じ込みを形成します。その信じ込みは1つではなく、ポジティブな信じ込み・ネガティブな信じ込み、混ざり合ったものなど様々。中には、そんなつもりはないのに…と思うような、自分を苦しめるもの・自己矛盾を起こしてしまうものもあります。

例えば…

  • 幸せが目の前にあるけれど、自分は幸せになる資格がない
  • 幸せになりたいけれど、自分が幸せになると周りを不幸にする
  • 自分の幸せは誰かの犠牲の上にある。だから幸せを願ってはいけない
  • 自分が幸せになったら恨まれる。だから幸せになるのが怖い
  • この幸せを失ったら永遠に孤独になる。だから幸せを感じるのが苦しい
  • 幸せになったら親の関心・注目を引けなくなる
  • 幸せになったら闘争心・活力を失い生きる目的がみえなくなる

など、潜在意識が幸せになることに抵抗している場合があります。すると、幸せになりたい想いに反して、嬉しいことや望んでいたことが起こると心の奥では強い恐怖感情がわくんですね。当然、その感情に触れるのは苦しいので、幸せを自ら遠ざけて強い恐怖から身を守っています。

 

恐怖・抵抗と向き合う心の準備も大切

抵抗を手放すプロセスを進めるということは、これまで慣れ親しんだ「抵抗感」から新境地である「安心感・幸福感」に移行するということ。それが良いことだと頭では理解しているのに、心の奥では強い恐怖感情がわいて不安やソワソワすることも少なくありません。この感情は人間の生命維持本能が変化を拒んでいるからなのですが、だからといってその不安や恐怖をないがしろにしてもいいのかというと、そうではありません。

湧き上がる不安や恐怖の度合いは人によって様々。セラピストからの軽い言葉がけでハッとして自分の心理状況を把握し楽になる方もいます。抵抗が強い場合や吐きどころがなかった怒り感情をためこんでいる場合等は、体が震えたり胃が潰されそうな感覚になったり、消えてしまいたくなるような強い恐怖で頭が真っ白になってしまう方もいます。

慣れ親しんだ抵抗感は心の癖のようなもの。一見自分を苦しめている嫌なもののように捉えられがちですが、これまでの自分を守るために大事な役割を果たしてます。だからこそ、その抵抗が必要ないのだと納得し安全を確認できるまでは、ありとあらゆる反応で変化を拒みます。

幸せへの強い恐怖感が湧く場合もプロセスを急いで進めようとせず、湧き上がる感情一つ一つに理解を示すことでスムーズに進みます。小さな安心・安全の実感=納得できる実績を積み重ねることが大切です。(強い恐怖感や強い怒りの感情は、初期の段階で自分だけで直視しようとすると感情に飲み込まれたり、無意識に蓋をしてさらに抑圧を繰り返してしまうため、サポートを受けて内観プロセスを進めることをお勧めします。※安心感を積み重ねるとセルフで出来るようになります)

 

幸せに対する恐怖・抵抗を手放すための内観プロセス

具体的なアプローチはお一人お一人異なりますが、ザックリとした流れのご紹介をします。

STEP1

●幸せへの恐怖・抵抗感に心当たりがある、そう感じていることを認める。

●「自覚はあるけれど、幸せになることを抵抗している自分がいるなんて認めたくない」と感じる場合は、そのままの気持ち「自覚はあるけれどそう感じているなんて認めたくないと思っている自分がいる」ことを認める

 
  
 
STEP2

なぜ幸せに抵抗感を抱かざるを得なかったのか、自分の心理背景を内観する

 
 
 
STEP3

内観で気づいた心理背景、抵抗感の正体を理解・納得・安心を確認したうえでエネルギー浄化を加える(手放すワーク)

 
 
 
STEP4

日常生活の中で、「小さな幸せの実感」を実践しながら、抵抗・恐怖・罪悪感等ネガティブ感情の具合を観察する

 
 
 
STEP5

4の実践・学びや気づきを重ねて安心・安全の感覚を覚えていく。(万が一恐怖感情が湧いたとしても、蓋をしなくても感情にのまれない安心感、安全な状態で自分をコントロールできる安心感=私は大丈夫だと思える感覚を増やしていく)

 
 

幸せになりたいと願いながら、幸せを遠ざけてしまう方は、言葉や行動に矛盾があるがゆえに周囲に辛さを理解されにくく孤独を感じる人も少なくありません。自分でも自分のことを「なんて厄介なやつなんだ」と嫌悪感・自己否定しまうこともあります。自己矛盾に戸惑ってきた方も恐怖感情・怒り感情を根気強く丁寧に扱うことで着実に変化していきます。自分で自分を救ってあげたい方という気持ちが、いつでも今この瞬間をスタート地点にしてくれます。内観にご興味ある方は、内観をはじめる前にまずは体験相談で心をほぐすところから始めましょう。

 

初回体験 心理カウンセリング オンラインOK

初回体験相談のご案内ページはこちらから

公式LINEのご案内

TrueFace公式LINEのご案内

 

 

 

 

 

 

問い合わせ
アクセス

関連記事

問い合わせ

アクセス

最近の記事

RSS アメブロRSS

PAGE TOP