頭の中を整理して心を軽くする方法

この記事はこんな人におすすめ
  • 頭の中がぐちゃぐちゃして考えがまとまらない
  • 気持ちが重くてスッキリしない
  • 自分で悩みを解決したい

気になることを頭の中でグルグル考えて疲れることはありませんか?

ノートに書き出すと頭の中が整理される?

考え事や悩み事をノートに書き出すと頭の中が整理される、というのは知ってるけど、実際にノートを開くと何を書けばいいのかわからない、嫌な気持ちを思い出して苦しくなる、という方が多いです。

よく誤解されるのですが、嫌な気持ちをただひたすら書きなぐっても気持ちがスッキリするとは限りません。その理由が結構大事で・・・

書いても気持ちが苦しくなる理由①~目的意識のズレ

私たちの潜在意識は、自分が思っている以上に都合よく思考と感情を動かします。自分が期待する状況や、理想像を強く願っている時ほど、そうならなかったらどうしよう、という不安が湧き、その不安から目をそらしがちなのでフラットに心の反応をキャッチできないんです。すると、頭の中を整理するために、自分がどう感じ、どう思い、どう考えているのか、という自問が表面的な内容にとどまってしまいます。

「思い通りにしたい」という目的意識のまま、どれだけノートに書き出しても、既にわかっていることばかで永遠にループしてしまいます。

これは人間の脳の仕組みなので、自分で気づきにくいのですが、あえて意識的に「自分の理想や願いを一旦横に置いて、正直に湧き上がっている心の反応を観察するぞ」と心に留めておくことが大事です。

※自分の願いやこうありたい理想を無視する、捨てるという意味ではなく、一旦大切に横に置いておいてください☆なくそうとしたり消そうとしなくても大丈夫ですよー!

書いても気持ちが苦しくなる理由②~感情的になってしまう

私自身も家に引きこもりでニート生活をしていた時、日記を書いて気持ちを整理するのが良いと知ってやってみたのですが、本に書いてあった通りやったら苦しすぎて寝込みました(笑)

理由は「書けば書くほど感情的になるから」です。スッキリするために書いたはずなのに、映画にどっぷりのめりこんで感傷的になっているのと同じように、辛い出来事を思い出して追体験してしまうのです。

私たちの頭の中は、想像以上に沢山の思考、感情、過去の記憶が絡まり合っています。紙に書くときのポイントを押さえながら自分との向き合いを楽しみましょう。コツをつかむと面白いですよ☺

 

書き出すときに感情的にならないコツ

頭がグルグル、モヤモヤするきっかけとなった出来事を「体験した自分」と、「体験した自分を観察する自分」という二人の自分に分けて書き出すことがコツです。

紙に書き出して頭の整理する時の重要ポイント

オンライン 札幌 カウンセリング 心理カウンセリング 女性 体験 カウンセリング

はじめての方やメニューのご相談はこちら

ご登録はここをタップ↓

登録特典:LINE無料相談 心の整理をお手伝いさせていただきます☆

 

詳しい内容は➡こちら

 
パソコンでご覧の方へ
画面に映ってるこのQRコード↓を
スマホで読み取ってね☆

 

問い合わせ
アクセス

関連記事

問い合わせ

アクセス

最近の記事

RSS アメブロRSS

PAGE TOP