内観する目的とその効果・4タイプ

自分のことをもっとよく知りたい。これは全員共通だけど、内観しようと思う理由は人それぞれ。

この記事は私の独断と偏見で書いてます。お楽しみのひとつとして、自分はどのタイプか照らし合わせてみてください。目的に合わせた内観スタイルを選ぶことのがお勧めです😊


タイプ① 願望実現系

潜在意識の力を使って願いを叶える自分になりたい

願望を現実化するために、潜在意識の力を呼び覚ます。そのプロセスとして、無意識のブレーキとなってる思い込み・設定に気づき、消化して、理想に向かう設定変更をする

 

タイプ② 思考整理系

頭の忙しさから解放されたい

考え事を整理して、不効率な思考を止める。本質的な目的を把握して行動や選択をスムーズにする。

 

タイプ③ メンタルケア・自己探求系

本来の力を取り戻して自分らしく生きたい
※当店の取り組みはこのタイプです

悩みの根本原因を理解して、本来の自分を取り戻す。そのプロセスとして、本来の自分でない状態(過去のトラウマ・ブレーキ・未消化感情)を理解&消化して潜在的な本来の自分を発動させる。

 

タイプ④ 自己探求・超越系

神秘体験によって大いなる繋がりを実感したい

自我を越える意識体験、神秘体験をして深い気づきを得たい。そのプロセスとして自分と深く繋がり、しいては宇宙との繋がりを実感するような超越体験を目指す。

 

独断と偏見ですが、内観に興味を持つ人は4のどれかを目的に内観しようと思う方が多いのではないでしょうか。

どのタイプが入り口でも、自己探求を深めると根っこの根っこは同じな気がします。でも、自分の目的に沿った道を選ぶ方が楽しいし、スムーズだと思います😊

 

クライアント様の声

はじめての方の内観メニュー

内観サロンTrueFace amebaブログ

Instagram 内観サロンTrueFace

問い合わせ
アクセス

問い合わせ

アクセス

最近の記事

  1. 相談してみたい。でも、不安で出来ない
  2. 過干渉な親 正しい内観で苦しくなる
  3. 内観の目的・効果 4タイプ
  4. 内観すると苦しくなる・ストップした方がいい例
  5. 上手くいきはじめるとやる気が落ちる

RSS アメブロRSS

PAGE TOP