内観ってスピリチュアルなの?

内観てスピリチュアル?とご質問いただくことがあります。半分YES、半分NO、表現の好みに過ぎない。私はそう思っています。

 

内観=スピリチュアルの探求とは言い難い

内観は自分の心と向き合うこと。ありのままの自分と向き合うことが、深い内観効果をもたらします。

とはいえ、内観する目的は人それぞれ。もしかすると「意識を超越する体験をする」「潜在意識を自由に操れる」「まだ見ぬ自分の凄さを実感する」などの体験を目的に内観意欲が高まる人もいるかもしれません。

当店で提供している内観サポートは、そうした体験を目指すものではありません。内観中は期待する自分像を完全に横に置きいて、日常的に心の反応を丁寧に扱う。そんな意識、在り方を深めることを大事にしています。

 

心の探求においてスピリチュアリティは無視できない

 内観はスピリチュアルなの?現実とのバランスが大事

内観サポートをしていると、宇宙に関心が深い人。目に見えない存在との繋がりを大切にしている人。信仰がある人、そうでない人、様々です。こうした個人のスピリチュアリティは大切なものです。そこに理屈は関係なく、ご本人の感じるままに大切にしていただけたらと思っています。

私自身も亡くなった家族や目には見えないあらゆる存在から守られていると信じています。そして、霊感などない私が、ある日突然不思議な声が聴こえたことから内観が始まりました。この出来事は職業が変化する程人生に影響を与えました。

 

スピリチュアルではない視点から自分との繋がりを深める

私のサロンでは、現在「スピリチュアルではない視点から自分との繋がりを深める」という内観スタイルを選択しています。これには、理由があります。

細かい理由をあげるとキリがないですが、スピリチュアル情報を頼りに他人軸・他責的な解決をして自分を納得させようとしている(その結果自分自身が苦しんでいる)場面をお見受けすることがあります。

私個人的な意見としては、スピリチュアル情報の解釈によっては自分自身との向き合いの妨げになりかねないと感じることもあります。

例えば
  • 現実的な視座をないがしろにして悩みと向き合えない
  • 心の痛みにスピリチュアルな解釈で意味をつけ過ぎてトラウマを複雑化させている
  • 物事に対して意味を加えて自分自身の心の反応に目を向けない

※上記は例です。全ての人に当てはまる内容ではありません

もちろん、ご本人が望んでこうなっているわけではないと思います。そうなってしまう不本意な事情や、そうならざるを得なかった背景があることと思います。

こうした理由から、当店ではスピリチュアルな視点ではない視点で内観サポートをしています。

 

 

内観で直観力や創造性が上がる

内観を続けていると、天才性や自分独自の愛に気づくことがあります。それはつまり、感性、個性、創造性が活性化するということでもあります。すると、自然と直観力が高まりヒラメキの感覚を活かしやすくもなります。

こうした独自性を活かして、クライアントさんが情熱を注いでいるお仕事のクオリティをあげる。やりたいことを具現化するお手伝い。そんな内観を伴走することもあります。

 

内観と引き寄せの違い

どんな場面においても、内観のスタンスは「自分を知るため」に他なりません。

内観して現実が好転したり願望が叶ったりすることは本当によくある。私自身も、クライアントさんも実感してる。セッション中に思わぬギフトが舞い込むことさえある。だけど

こうした結果の産物を目標に内観しても深い気づきが起きないというトリッキーなものでもあります。

願いを叶えることと、己と対峙することは目的が別。目標や願いを持つことは素敵なことですが目的意識が「何かを得るため、叶えるため」であるならば、それは「自分を知る」ではなく「結果を期待する意識」です。

あえて意識を「自分を観る、理解する」に集中してみてください。温かく丁寧な「自分をわかってあげるだけ」の実感に触れたとき「自分の中にある創造性」「ずっと辿り着きたかった温度感」「発想を超えるクリエイション」をパワフルに感じることと思います。

 

ソフト依存に注意!現実とスピリチュアルのバランスが大事

内観はスピリチュアル?

スピリチュアルな情報をみて「今まで常識にとらわれていたんだ」と気づかされることってありますよね。その反動で、今まで自分を苦しめていた「社会・常識・秩序」を嫌悪し、今度はスピリチュアルにとらわれてしまうことってありませんか?

特に、不安や恐れが湧いている時、大きな決断を迫られている時、心身バランスを崩している時、恋愛している時などは、藁にも縋る思いで安心できる材料を求めるもの。その結果ソフトな依存状態を生み出すことさえあります。

自分の軸や心の基盤が安定的で在ること。スピリチュアル情報を参考にしたりヒントをもらう時も、自分軸・主体性を大切にしましょう。

 

自分軸が不安定な状態でスピリチュアルにソフト依存してしまう例

✓ 「わかってる人」「開けてる人」などスピリチュアルな評価を追い求めてしまう。本当に心が喜んでいるのか、劣等感やコンプレックスを埋めるためなのか自分でもわからないまま不安定さを一人で抱え込んでしまう。

✓ 目に見えない精神性を基準に上下関係をつくったり、自分ではなく他者のコントロール下に身を置くような苦しさを抱え込んでしまう。

✓ 自分より大きな存在(例えば、神、ヒーラー、人気のある人、凄そうな人、自分より上に見ている人、等々)に正解を求め過ぎてしまう。褒められようとしたり、従わなければならない感覚に陥り疲弊してしまう。

✓ スピリチュアルなアドバイスに従わなければ悪いことが起きてしまうかもしれない、など強迫観念にかられる。判断基準が自分にない辛さ、コントロールできない不安感をつのらせてしまう。

✓ 過去のトラウマ、愛着障害、恐怖症などで過緊張状態を慢性化させた状態(感覚過敏、鈍化、思考停止、衝動性など)に困っているけど、「私は感覚派だから」「前世からこうだから」と解釈し、一時的な安堵感はあるものの、本当の安心感を求め続けて自分探しを続けてしまう。

✓ 宇宙の流れに添うことを意識し過ぎて日常的な自分の生きづらさや重さをどうしていいかわからない

私達人間は、不安感や恐怖感が高まっている時は、こうした思考が生まれても不思議ではありません。もしもこのような状態になっている自覚がある方は、そんな自分を責めずに、批判なく許してあげた上で正直な心の声を内観してみてください。

 

わたしで在ることに安心して生きるために本来の自分に目覚める場所 TrueFaceの内観サポートの内観サポートとは

内観サロンTrueFace amebaブログ

 

問い合わせ
アクセス

問い合わせ

アクセス

最近の記事

  1. 相談してみたい。でも、不安で出来ない
  2. 過干渉な親 正しい内観で苦しくなる
  3. 内観の目的・効果 4タイプ
  4. 内観すると苦しくなる・ストップした方がいい例
  5. 上手くいきはじめるとやる気が落ちる

RSS アメブロRSS

PAGE TOP