内観はスピリチュアル?内観すると直観力が上がる?

 

内観はスピリチュアルなのか

内観てスピリチュアルなの?とご質問いただくことがあります。私の個人的なお返事としては半分YES、半分NO、表現の好みに過ぎないと思っています。そもそも私自身が、不意打ちの不思議体験をしたことが内観をはじめたきっかけなので、スピリチュアルな探求や精神世界に興味を持つことを悪いこととは思っていません。心の探求が好きな私にとってスピリチュアリティを完全無視することは不自然にも思います。しかし

スピリチュアリティに偏りすぎないバランス感覚を大切にしたいし、スピリチュアルな情報に対して「現実的な視座を軽視するような表現」「心の痛みをスピリチュアルな解釈で意味をつけ過ぎてトラウマを複雑化させている」ように感じることがあり、自分とは意見が違うことも多いです。そのためTrueFaceでは心の学び・探求をお手伝いしていますがスピリチュアルな表現ではなく、現実的で日常的な表現でお伝えしています。スピリチュアルに関心が深い方も、そうでない方も関係なく、現実的に実感する「ご本人のはっきりとした体感」で理解することを重視しています。

 

現実とスピリチュアリティとのバランス

人の感情には波があります。不安や恐れが湧いている時や、大きな決断を迫られている時、また体調を崩している時などは、藁にも縋る思いで安心できる材料を求める心情となることもありますよね。

その不安や恐れが強くなっているときには、自分より大きな存在(例えば、神、ヒーラー、人気のある人、凄そうな人、自分より上に見ている人、等々)に正解を求め、それに従わなければ危険な目に遭ってしまうかもしれない、嫌なことが起きてしまうかもしれない、というような思考さえ生まれます。

自分の信じている思想や世界観、スピリチュアルな観点から学びやヒントを得るだけでなく、目に見えないものを頼りにした結果、いたずらに不安をあおられたり、スピリチュアルな評価を求め心が窮屈になるならば、それは自分ではなく他者のコントロール下に身を置くのと同じ苦しさがあると私は思っています。

内なる力・心の安心を取り戻すためにたいせつなのは、自分の感覚を自分で理解・実感・納得できること。スピリチュアルでもそうでなくてもどちらでも良いことで、学びもメッセージも日常生活の中に詰まっています。

 

内観すると直感やシンクロが増える

内観を続けていると、感性、個性、創造性が引き出されます。自然と直観力が高まりヒラメキの感覚を活かしやすくもなります。また、宇宙、地球、エネルギー等々、スピリチュアリティを強く実感する人も実際にいます。しかし、それは意識的な選択というよりは自然体な状態がただそこにあるだけのように思います。

心と身体の仕組みに沿って内観し、自分の内面を探求し続けていると、突拍子もないような発見、出会い、気づき、納得感に誘(いざな)ってくれることもあれば、仕事や趣味などで創造性を発揮することも珍しくありません。

 

内観の目的は自分を知ること・自分を生きること

内観は、アセンションするため・才能開花するため・願いを実現させ成功するために行うものではありません。TrueFaceでは、やりたいことの実現に向かって歩みを伴走するクリエイティブサポートも行っていますが、ただシンプルに自分を見つめる、という姿勢を軸にしています。

巷では引き寄せの法則や、願望実現のために内観をすることが流行っている時期もあります。しかし、願いを叶えることと、己と対峙することは目的が別。私たちは意識で動き、認識して理解を深めます。目的意識が「何かを得るため、叶えるため」であるならば、それは内観ではなく「結果を期待する意識」です。

あえて意識を「自分を観る、理解する」に集中してみましょう。この「自分をわかってあげるだけ」の実感に触れたときこそ「自分の中にある創造性」や「ずっと辿り着きたかった納得感」をパワフルに感じることでしょう。

内観のおまけとして現実が好転したり願望が叶ったりすることは本当によくあることですが、そうした結果の産物を目標に内観しても深い気づきが起きないというトリッキーなものでもあります。この部分の面白さも感じながら、楽しく内観ライフを続けていきましょう。

楽しく丁寧に魂を生きること、心の学び・気づきを深めることにご興味ある方は、一緒に温かい内観をはじめましょう。

 

わたしで在ることに安心して生きるために本来の自分に目覚める場所 TrueFaceの内観サポートの内観サポートとは

 

 

問い合わせ
アクセス

問い合わせ

アクセス

最近の記事

  1. やりたいことがわからない 自分にフィットする内観
  2. 新しい自分を生きてる
  3. 考え過ぎる自分でいい
  4. 欲しいのはリアルな安心感覚
  5. 自分らしさを潰さない

RSS アメブロRSS

PAGE TOP