「親を許せない辛さ」を抜け出す/自分を生きるステージへ

親を許せない。そんな自分に開き直れたらラクだけど、心から納得できるかと言えば、そうではない。

これでいいのかな、でもどうしようもないしな。本当はどうしたいんだろう、自分の気持ちがわからなくなる

 

この記事では「親を許せない自分を許せない」辛さを体験している方が「許す」という選択で自分を追い込むことなく、自分に納得安心し「この私でいいんだ」と感じられる生き方をご紹介します。

アメブロ記事:母に愛し愛されたかった

アメブロ記事:体験談/お母さんがかわいそう

複数の感情が混ざり合って苦しくなる

親に対しての怒りや憎しみが、なかなか消化できないというのは本当に辛いものです。中には、「昔は親への不満も許せていたのに…」と自分の変化に戸惑う人も多いですが、その怒りが「表に出てきてくれた」ことが軽やかな人生に移行する上で重要なポイントです。感情に飲み込まれると疲れてしまいますが、自分の意志で感情を取り扱えるようになると生きづらさが激減します。

心の中には何種類もの感情があって、今親を心底憎いと感じている一方で、許したいと願っていたり、親にも事情があったのだと許してる一方で、蓄積した感情が恨みとなって「この辛さを見せつけて苦しませてやりたい」とすら思ってしまう、ということもあります。(感情の出方は人それぞれ異なります)

 

「安心」と「許し」はセット

私達は大人になると、理性で感情のバランスを取りながら生活しています。とはいえ人間なので、そのバランスを保つにも限界はつきものです。

「親を許せない自分」にダメ出ししてる時は、「許す」か「許さないか」の狭間を行ったり来たりして「気持ちの決着をつけなければ幸せになれない」というような焦りが湧くこともあります。実際に、「許せば幸せになれる」「感謝すれば幸せになれる」というような結果論を本で読んだり「親に本音をぶつければ心が強くなる」と勧められることもあるでしょう。

けれど、私が出会うお客様には、そういった結果論や方法論など目に見える形だけを着目するのではなくて、それ以前の背景を理解することで心の痛み痛みの根っこを着実に癒していく内観をお伝えしたいのです。

人間にとって大きなテーマでもある「ゆるし」とは、1と1を足したら2になったというような規則的なものでは成立しません。揺れ動く辛さから自分を救うために、はずは「親を許すか許さないかの決断を迫られるまで、既に辛く長い道のりを歩いてきたのだ」と認めきること。

その道のりの中で「安心させてもらえない」「安全じゃない」「許してもらえない」などの反応形体を形成してることも多いので、その場合はまず安心感の土台を取り戻すのが先です。安心感の土台とは、自分が自分を支えてくれると思える、そして自分が自分を支えてあげられると思えることです。

心の安心と安全は元々持っているあなたの力強さで、その自然体な力強さを引き出し育てるのが内観です。

 

自分を許せない辛さを抜け出す

癒しのプロセスは人によって様々です。ここでは大まかに書いていますが、一つの行為に大きな結果を求めず変化にはプロセスがあることを理解しながら進んで行きましょう。

【自分を許せない辛さから抜け出すプロセス】
①辛い感情が湧いたとき対処できるようになる

感情的な状態を俯瞰する(※内観講座ではエネルギー浄化のやり方もお伝えします)

②自己矛盾の状態から抜け出す

手放したいのに消えてくれない感情や思考、安心したくても安心感がわからない等「ラクになりたいけど絶対にそうはなれない」「絶対に安心するわけがない」という状態から解放される。

③安心感を育て続ける

日常的な気分はラクになったけど、いざって時に自分の気持ちがわからなくなる、八方ふさがりになる感覚を心の仕組みとして理解して、不安・焦り・恐怖感がゆるむのを体感する

④愛される勇気を育てる

他人とのかかわりの中で安心する・大切にされる・尊重される・愛される感覚を育てる。自分のペースで心の扉を開いていく。

1~4を何度も行ったり来たりすると、着実に安心感の土台が構築されます。安心感の土台を構築しながら「ゆるし」の学びを深めていきましょう。親を許す前に、まずは自分を許す。自分が自分に許される感覚を育てることはとても温かい取り組みです。強い感情は本能的に自分一人で直視することが難しいため、サポートを受けながら感覚のコツをつかんで進めることをお勧めします。その上で、セルフで内観していく感覚を育てることも重要です。

フォローやDMはこちらから

 

問い合わせ
アクセス

関連記事

問い合わせ

アクセス

最近の記事

RSS アメブロRSS

PAGE TOP