「親を許せない辛さ」を抜け出す/自分を生きるステージへ

親を許せない。そんな自分に開き直れたらラクだけど、心から納得できるかと言えば、そうではない。

これでいいのかな、でもどうしようもないしな。本当はどうしたいんだろう、自分の気持ちがわからなくなる

 

この記事では「親を許せない自分を許せない」辛さを体験している方が「許す」という言葉で自分を追い込むことなく、「この私でいいんだ」と感じられる心の在り方について書いています。

アメブロ記事:母に愛し愛されたかった

アメブロ記事:体験談/お母さんがかわいそう

 

親に対しての複数の感情で苦しくなる

親から受けた行動や態度があからさまに酷い場合もあれば、周りには理解されないような精神的苦痛を受け続けている場合もります。どちらにしても親に対しての怒りや憎しみがあるだけでも心は重くなり、その感情を自覚していながら消化できないというのは本当に辛いものです。

中には、「昔は親への不満も許せていたのに…」と自分の変化に戸惑う人も多いです。しかし、その怒りが表に出てきてくれたことは、これまで抑圧するしかなかった感情・トラウマを解放していく上で重要なプロセスです。だからこそ、苦しい感情に飲み込まれて疲弊しないように、自分の意志で感情を取り扱えるようになることが大事。自分でコントロールできないものに向き合うというのは人間にとって恐怖でしかありません。まずは自分がコントロールできる、把握できるという実感が安心につながり、結果的に解放のプロセスをラクに進ませます。

湧いてくる感情はひとつだけでなく何種類もの感情が混ざっている場合が多く、親を心底憎いと感じている一方で、許したいと願っていたり、親にも事情があったのだと許してる一方で、恨みの感情も共存していることは珍しくありません。

親に対しての対極な気持ちがあることに居心地の悪さを感じ、どちらか一方に振り切って割り切らなければいけない。というような思考で自分を追い込んでしまう人も多いです。

 

心を置き去りにしないことが大事

親との関係で悩みを抱えている人は、親を許すか許さないかの狭間を彷徨ったり、「人を恨んでも幸せになれない」「感謝すれば幸せになれる」というような啓発ワードや「親に本音をぶつければ関係を立て直せる」という情報に触れて、今現在の自分の心境に深く着目することをせず、テクニカルに状況を改善する方向に向かいがちです。だって、それを勧める情報があまりにも多いから。困っている人にとっては藁をもすがる思いで取り組みたくなるのは当然です。

しかし現実問題として、許せるならとっくに許してる、感謝できるならとっくにしてる、ぶつかり合おうにも既に亡くなってるという場合も多く、悩みの本質にアプローチしていない場合が多いのが実情ではないでしょうか。親に対して複雑な心境を持っている人の多くは、非常に理性的で我慢強く、親切心も強く、人に対してネガティブな感情を抱いているだけでもストレスを感じています。

それが自分の親に対してとなると、苦しさは計り知れません。まずはそういった心境を抱えながら生きてきた労力を理解し、ネガティブな感情を抱く自分を否定しないでいられる段階に進むことが大切です。

 

 

自分を許せない辛さを抜け出す

癒しのプロセスは人によって様々です。学びやカウンセリングセッションなど一つの行為に、大きな結果を求めず変化には段階があることをあらかじめ理解することでスムーズな解放・再構築(根本改善)に繋がります。

【自分を許せない辛さから抜け出すプロセス】
①辛い感情が湧いたとき対処できるようになる

思考や感情に振り回されず、過去の記憶にも引っ張られない状態を実感することで、自分でも辛い心の反応に対応できるようになります。

②自分を苦しめているパターンから抜け出す

手放したいのに消えてくれない心の反応パターンから解放される。また、その解放プロセスを自分の心と頭で実感納得できることによって、自分でも日常的に応用が効くようになる

③トラウマからの解放

日常的な気分はラクになったけど、いざって時に自分の気持ちがわからなくなる、八方ふさがりになる感覚を心の仕組みとして理解して、さらに深い癒しの段階へ進む

1~3を状況に合わせて繰り返しながら、丁寧な向き合いをすることで着実に安心感の土台が構築されます。安心感が内側から湧くと、自然体なままの自分を「これでいいんだ」「これが私だ」と許せるようになります。親を許す前に、まずは自分を許す。自分が自分に許される感覚を育てることはとても温かい取り組みです。強い感情は本能的に自分一人で直視することが難しいため、サポートを受けながら感覚のコツをつかんで進めることをお勧めします。その上で、セルフで内観していく感覚を育てることも重要です。

 

問い合わせ
アクセス

関連記事

問い合わせ

アクセス

最近の記事

RSS アメブロRSS

PAGE TOP