心と向き合う内観のポイント/魂を生きる内観ライフ

内観(自分の心と向き合う)時にはいくつかのポイントがあります。この記事では、内観をする時に押さえておきたいチェックポイントを大まかにご紹介します。

内観のポイント① 感情を俯瞰(ふかん)する

内観すると心にため込んでいた感情に気づきます。特に怒り、悲しみ、苦しさ、恥ずかしさなどネガティブな感情が沸き上がると苦しいので、感情を適切にみれるかが内観の鍵。適切にみるとは苦しい感情が出てきたときに、その感情を感じるのではなくもう一つの視点を持って感情を観察することです。この観察する視点のことを「客観視」「俯瞰(ふかん)と言います

「内観は苦しい」と感じたことがある方も多いかもしれませんが、それは俯瞰の状態になっていないのが原因です。俯瞰の感覚は、無自覚に使っている感覚のため、普段はその感覚に着目していません。内観の質を高めるために、改めて「あぁこのことか」と自分の俯瞰感覚を再認識することで簡単にネガティブな感情を観察できるようになります。

 

内観ポイント② 反応パターンを見抜く

私達は自分のオリジナルの反応パターンをいくつも持っています。しかもそのパターンは自分がその反応をしたくてしているわけではなく、無意識に形成された反応形体(潜在意識)なので無自覚にそうしてしまっている状態です。心の仕組みに沿って内観をすることで潜在意識の反応パターンを表面化して癒したり軌道修正できるのがポイント。そのためにも簡単な心の仕組みをあらかじめ知っておくことも重要な内観プロセスです。

反応パターンを軌道修正するというのは、不本意な制限や、自分を苦しめてしまうパターンから抜け出せるということです。

 

内観ポイント③ ゴール設定をしない

内観をはじめる理由やきっかけは人それぞれですが、多くの場合、悩みから解放されてラクになりたい時や、今後の生き方・方向性についてじっくり丁寧に考えたい時、価値観や人生観の変化を感じている時など、内面的な変化・成長を求めている時です。

現状が悩ましい状態にあったとしても未来に対して希望を抱き、求めていなければ内観をしようとは思わないものです。だからこそ、「こんなふうになったらいいな」という期待を抱くのは当然ですよね。この期待はとても大切なことなので持っていてほしいのですが、内観の目的・ゴール設定となってしまうと、話が変わってくるのが内観の奥深く面白い所です。

内観に期待や目標を持ち込んでしまうと「そうなるはずだ」「そうでなければならない」「そういうことにしたい」といった無自覚の思考を発生させ、そう思いたいがための思考もどんどん発生させます。場合によっては無自覚のプレッシャーまで生んでしまいます。

私たちは無自覚に生み出した思考を鵜呑みにするため「これが私の気持ちだ」と感じてしまいます。これは脳の仕組みなので抗いようのないことですが、結果的に内観の質を確実に落とします。これに気づかない状態になってしまうと内観が進まずグルグル堂々巡りになることがあります。

だからこそ、こうした期待は期待として一旦横に置くために、自ら「あ、今期待を持ち込んで考えちゃったな」と気づきながら「でも実際はどんな反応が出てるかな」とニュートラルな視点に立ち返ることが出来れば、内観の質がぐっと高まり、結果として深い癒しや感動的な気づきに繋がります。

 

内観は難しくて苦しそう

内観に興味がある方も「難しそう」「大変そう」「面倒くさそう」「厳しそう」という印象を持たれる方が多いのではないでしょうか。その理由は「言葉と理屈が通用しないことをしているから」だと私は感じています。さらに、先ほど書いたように、内観を実践する人の多くの方が内面的な変化・成長を求めているタイミングにあるため、はたから見ると深刻そうに見えてしまう場合もあるかもしれません。

言葉と理屈が通用しない、というのは、私たち人間が元々持っている気づきの力をつかっているためです。「気づき」を言葉で説明するには、あまりに限界があるため、ものすごく抽象的でシンプルな表現か、具体的なマニアック解説になるか両極端にならざるを得えないのかもしれません。

私は内観のやり方を学んだ際、先生に「すべての出来事は自分を知るための素材だ」と教えていただきました。内観がライフスタイルとなった今、その意味を今更ながら何度もかみしめ感動してしまいます。

私たちは元々内観力という非常にハイスペックな能力を持っています。皆さん気づきの力は本当に偉大です。既に持っているその力をぜひご自身の人生に益々お役立てくださいね☆

 

優しい内観ライフを楽しもう

人類70億人と言われていますが、あなたは70億分の1の自分を知っているでしょうか。TrueFaceではお客様の気づきの力を引き出して魂を生きる内観ライフをご提案しています。

今でこそ「内観する」という言葉は聞き慣れた方が多いかもしれませんが、内観を使った心理療法「内観療法」というものをご存じでしょうか。お寺をはじめ病院などで実施されている心理療法として有名な手法です。この内観療法がメンタルケアに効果的であることや、深い気づきに至る方が多いことから、病気の有無にかかわらず精神修行のような感覚で一般の方もお寺に出向いて内観サポートを受けることもあります。

内観療法は、1週間住み込み、朝から夜まで1日中ひとり用の仕切り壁の中で内観をします。数時間おきに面談サポートを受けながら、規定項目に沿って幼少期から今に至るまでの振り返りをします。これだけ聞くとかなりハードルが高いスタイルですが、そこでの気づきの深さに感動される方も多くいらっしゃいます。

しかし、当店でお伝えしている内観スタイルはカジュアルです。泊まり込みも仕切り壁もありません。気楽に楽しく、しかしマジメにマニアックに・・・心の仕組みを学びながら内観力と気づきの力を高め、「質の高い内観を日常的に活かす生き方」をテーマに活動しています。ただ、やはり、深い内観を実践する際には超時間がかかるという実情はあります。個人セッションの所要時間も一般的な「個人セッション」と名付けられたメンタルサポートに比べると圧倒的に長いと思います。長い方が良いということは全くありませんが、内観の醍醐味はそれだけ深い癒し・気づき・感動に触れること。その感動を心で納得実感された方は「初めての感覚」「言葉にならない」「あっという間だった」と涙されます。

ご興味ある方は、長時間のセッションの前にまずは気軽に受けられる体験相談をご利用ください☆

 

 

 

問い合わせ
アクセス

関連記事

問い合わせ

アクセス

最近の記事

RSS アメブロRSS

PAGE TOP