承認欲求ってダメなの??

承認欲求ってだめなの?

 

カウンセリングをしていると、自分の気持ちをお話しされながら

これって私の承認欲求なのかなぁと、ご自身の気持ちに負い目を感じているようにお話しされるシーンをお見掛けします。

 

これは、私たちが承認欲求って言葉を否定的なニュアンスでしか使わないから

承認欲求=悪いもの、良くないもの

というネガティブなイメージが先行してるのだと思います。

 

承認欲求とは、本来、私たち人間が持っている本能。どうしたって沸いてしまう備え持っている欲求のひとつです。

 

承認欲が自己成長のきっかけになる場合もありますが、承認欲が満たされないことで執着が生まれたり、他人の反応次第で自分の感情や物事の捉え方が一喜一憂してしまうことにもつながりますよね。

だから、消すことのできない承認欲求のあんばいを把握したうえで、「こうありたい」と願う気持ちをどう活かすのか、他人の反応ではなく自分自身がハンドルを握ることが大切。

 

自分の承認欲を拒否して、無意識の自己否定をしてしまう

 

私たちはつい、「認められたい」とか「好かれたい」と思うこと自体が大人げなくて恥ずかしいもの、と捉えてがちです。

心の中で思っただけの気持ちさえ、「恥ずべき欲求」「みっともない発想」と悪者にして、自覚なく自己否定をやってしまうことが多いんです。

とくに、カウンセリングとなると、普段は人に見せない心の内をさらけ出すので緊張もしやすいですよね。

  • こんなふうに思っていることを話して、呆れられてしまったらどうしよう。
  • もういい大人なのに、承認欲求があるなんてみっともないよな・・・
  • 認められたい!っていう気持ちで苦しくはなる、でも本当にそれが自分の本音かというとそうじゃないんだよな…このニュアンスちゃんとわかってもらえるかな…

こんなふうに不安になるのは当然のことです。だって、人間だもの。

 

「承認欲求」はあるモノと認めてしまうと心に余裕ができる

もしこの記事を読んでくれているあなたも、「自分はどうしてこんなに承認欲求が強いんだろう」とか、「私の気持ちって承認欲求なのかな?」と感じている時には

「自分の中に承認されたいという欲がある!」とアッサリ事実を認めてしまいましょう。それが心底本心でなくてもいいんです。

「認められたいって気持ちが湧くときもあるよな」って程度でも、そう思う気持ちがあると認めること、その気持ちを否定的に意味を加えたり、正当化して他人に向けたりしなくてOK。

自分の気持ちが、在るものはある、ないものはないと正直に認め、受け入れるからこそ、本来のあなたが持っている心の余裕を感じることが出来るようになります。😉

 

もし、他人に承認されたい気持ちが過度に強くなったり、承認されない不安や悲しみが沸き上がることがあれば、

その時は「どうして承認されないと不安になってしまうのかな?」と、そう思ってしまう自分に対して「そう思う気持ちの背景」を問いかけてみましょう。

「だって〇〇したかったんだもん」「だって〇〇くなかったんだもん」「だって〇〇してほしい!って悲しい気持ちになってたんだもん」「だって〇〇してほしくない!って苦しく感じたんだもん」という感じで

シンプルに欲求を受け入れそんな自分に理解を示す。これが一番大切。そのうえで、その欲求を形に変えていくのか、行かないのかは、言ってしまえばどっちでもいいんです。

というわけで、承認欲求でダメなの?というこの記事のタイトルの答えとしては「ダメな存在ではない。ダメな存在扱いすると苦しくなるし、理解を示すと自分を成長させるきっかけになる」といったかんじです。場合によっては心の奥の傷が癒えるような気づきに繋がります。

 

★無料相談受付中★
↓↓↓
 

登録無料

LINE講座 心のおはなし

自分を知って自己否定の人生から卒業する

7日間のメッセージ

特典情報など詳しい内容は→★こちら
 
ご登録はこちら↓

 

 
※パソコンでご覧の方へ
画面に映ってるこのQRコード↓を
スマホで読み取ってね☆

 

心理カウンセラー設楽紀子
 
 
札幌・全国(オンライン)で
 
絡まった気持ちをくみとり丁寧にほどいて
ほんとの悩みから解放される個人セッションや講座を
開催しています。
 
 

 

お問い合わせ・お申し込み

どのメニューを選べばよいかわからない等の

お問い合わせは

❮LINE❯でのお問い合わせ

こちらにメッセージ下さい

↓クリック

 

又は

❮メール❯でのお問い合わせ

お問い合わせフォームをご利用ください☆

http://true-face.jp/otoiawase/

 

札幌中央区大通西14丁目

本来の自分に還る場所 ~ TrueFace ~

問い合わせ
アクセス

関連記事

問い合わせ

アクセス

最近の記事

RSS アメブロRSS

PAGE TOP