潜在意識が変わらないのは納得感がないから/内観セラピーで生きづらさから解放される

潜在意識を書き換えれば願いが叶う、巷じゃ有名なはなしだけど、結局どうすれば潜在意識が変わるの?何をどうしたって結局願いが叶ってる気がしないし、悩みだって解決しないじゃない。と思ったことはありませんか?

願いを叶えたくて潜在意識にアプローチしようとしても、残念ながら「これさえやれば簡単に潜在意識が変わる」という魔法はありません。私たちの心はとてもトリッキーな動き方をしているからです。この記事では潜在意識が変わるための必要なプロセスを着実に進めるために、まずは「願い事を叶える」という観点から一旦離れます。そして心の反応と潜在意識の関係について、おさらいしていきましょう。

 

潜在意識の設定によって人生が変わる

私達の意識は、潜在意識(無意識)と顕在意識(自覚ある)の2種類がありますね。潜在意識は、無自覚(自覚できない)な強い思い込み、と言い換えることが出来ます。

私達は「ポジティブな思い込み」と「ネガティブな思い込み」の両方を潜在意識に設定しています。生まれた国や、採用している思想が変われば物事の捉え方が180度変わるのと同じように、設定した「思い込み」に沿って物事を解釈します。

物質的な現実の状況がなんであれ、潜在意識に沿った感情が湧くため、どんな潜在意識の思い込み・設定を持っているかによって【人生の体感】が大きく変わってきます。つまり、ポジティブな思い込みを実感している時にはポジティブな気持ちが湧くし、ネガティブな思い込みを実感している時にはネガティブな感情が湧くというわけです。

 

潜在意識の設定通りに体験する

無意識レベル思い込み(潜在意識)は、言い方を変えると「無自覚にかけている色眼鏡」のようなものだと想像できるでしょうか。もしも今、あなたの身に起きている出来事、頭の中の想い、連想が、気づかないうちにかけた色眼鏡の影響だとしたら、あなたは今どんな色眼鏡越しの現実を生きているかご自身に聞いてみてください。

例えば、何をやっても褒められる。と感じて生きている人は、本当に何をやっても褒められているように感じる色眼鏡をかけているし、何をやっても叱られる。と感じている人は、本当に何をやっても叱られているように実感する不本意な色眼鏡をかけてしまっている。まるで体感型のVRメガネです。私たちは、前向きな色眼鏡・後ろ向きな色眼鏡を何個もかけていており、出来事の場面によって切り替わります。

 

不本意な色眼鏡

潜在意識の前向きな思い込みである色眼鏡は、過去の成功体験(危険回避・報酬・評価など)や、良い出来事を記憶する脳の学習機能によって形成されます。反対に、後ろ向きな色眼鏡は、過去の辛い体験や、生きてきた中で目にした辛い出来事・情報を記憶した脳の学習機能によって形成されています。

しかし、過去は変えられないし、過去の嫌な出来事は自分が好きで選んだわけじゃない。という場合も多いですよね。幼少期の記憶情報は自我形成に強い影響があります。置かれた状況下で身の安全を守るにはそのように思い込む必要があったり、養育者や他者と繋がりを維持するために生まれた無意識のルール設定だったり、何らかのやむを得ない心理状態によって形成されたものが多いのです。

 

潜在意識を書き換える

過去の記憶情報を元に潜在意識の設定がされているならば、今の自分に合わせてバージョンアップしたいですよね。自分を苦しめるような色眼鏡ははずして、安心でハッピーな体感を増やす色眼鏡にかけなおしたいものです。

ところが、潜在意識とは「自覚できない意識」。自覚できないわけですから、自分にとっては「そんなつもりがない」ということです。当然、無自覚を無自覚なままコントロールすることはできません。

自らの意志で潜在意識を変えるには、内観をして潜在意識を顕在化(自覚)する必要があります。

 

心の反応を内観しよう

日常の中でイライラしたり、モヤモヤするときは、まずは内観をして、その気持ちを沸かせている色眼鏡とはどんなものなのかを自覚しましょう。

モヤモヤしたりイライラしたりしたときこそ潜在意識を顕在化する内観チャンスです。例えば、仕事で気がかりなことがある時、他人との会話でモヤモヤしたとき、SNSで幸せそうな友人を見て心がざわついたとき・・・、その他にも、迷ったり葛藤したり、湧き上がるネガティブな「心の反応」=「感情や感覚」を無理に変えようとするのではなく「あるがままの心の反応を、あるがままに俯瞰(ふかん)」してみてください。

心の感覚に意識を向けて自問自答を繰り返してると、過去にも同じような嫌な目に遭った記憶や、そういえばあの時本当はこう思ってたな、というような記憶が蘇ってきます。

※体感的にコツをつかみたい方は内観サポートをご利用ください→体験相談

 

納得感が潜在意識を変える

自問自答によって「色眼鏡の形成プロセス」を自覚することができます。これは、過去の嫌な感情に浸るためではありません。また、過去の自分を否定し責めるためでもないということを、あらかじめ予備知識として心に留めておきましょう。どんな感覚に対しても許し、寄り添うように感覚を観察してください

※思い出したくない辛い体験や、不用意に向き合うのが不安な心の重さがある人は、嫌な過去をやみくもに掘り起こすのではなく、心の仕組みに沿って安全で優しいステップで内観しましょう。

心の反応の観察(内観)が進むと、過去の記憶がよみがえる中で「あぁ、自分は今までこういう経験をしてきたから、色眼鏡を濃くしていったのだな、そもそもこうした環境や心情から、この色眼鏡が形成されたのだな。そして、不本意なこの色眼鏡さえもかけざるを得ない状況・状態だったのだな。」と心から納得出来ます。

頭で言い聞かせた考え方ではなく「これは私独自に形成した色眼鏡(思い込み)である」「そうなった背景があったのだ」と心底腑に落ちると同時に、過去の痛みが本当の意味で過去に還り、その色眼鏡が消化される。これが潜在意識の設定がリセットされるプロセスです。

 

本来の自分は安心して前を向いている

ネガティブな思い込みがリセットされると、自然体なままで前向きな思考が生まれたり、将来に対しても希望が湧いてきます。本来の私たちとは、自然と安心や希望を感じるようにプログラムされた生き物のようです。こうして、過去を過去に還し前向きな色眼鏡に形成しなおして人生の歩みを進めていきましょう。

心の反応を気づきのサインとして捉える生き方は、日常が気づきの連続となります。自分を苦しませている色眼鏡を外せば外すほどラクになり、どんどん外しているうちに、やがてどんな色眼鏡があろうとも大丈夫。というような安定感が築かれたり、やりたい事、叶えたい事に関しても創造性が発揮されていきます。

 

気づきは魂の望む道を照らしている

この記事を読んでくれている方は、もしかすると、厳しい親に育てられたり、過保護や過干渉の親に縛られたり、苦しい壁を乗り越えて生きてきた人かもしれません。また、はたから見るとは恵まれた環境に見える中で、心の寄り添いを得られず、孤独を抱えて生きてきた人もいるでしょう。

どうして自分だけこんな辛い人生なんだとウンザリしたり、自分よりもっと苦しんでる人がいるのに…と自分を責めてしまうこともあったかもしれません。

内観サポートをしていると、お客様はご自身が味わった苦悩の分だけ、その類の痛みに対して独自の考え・寄り添い・愛が育っているように感じます。また、その痛みに苦悩したからこそ、その痛みが無い「普通」がいかに幸運で素晴らしいことかを知っています。体験したからこそ生まれた生々しい心の叫び、叫んだ自分に寄り添った分だけ人間の奥行を許容できる器が育つのかもしれません。

どんな生き方、ライフスタイルを選ぼうとも、ご自身が命を使って培ってきた気づき・学び・精神的な脚力が、その方が選ぶ人生をどんな時も力強く応援してくれています。

 

内観ライフのすすめ

日常に湧き上がるモヤモヤやイライラは、一般的には「気にせずに前を向こう」と教わります。その心がけは確かに大切ですが、あまりに言葉足らずだと思うのです。なぜなら心は、大人が思っているほど都合よく動いてはくれないからです。

あるがままの心の反応を温かく扱う内観にご興味をお持ちの方は、まずは自分に合う内観スタイルを検討しましょう。

内観サポートを受けたい方→体験相談の内容はこちら

 

 

問い合わせ
アクセス

関連記事

問い合わせ

アクセス

最近の記事

RSS アメブロRSS

PAGE TOP