ダイエット成功の鍵は心?ダイエット中に心がけておきたいメンタルチェック

ダイエット中のストレスで太ってしまうことありませんか?

  • ダイエットが続かない
  • 頑張ってるのに痩せない
  • ダイエットのモチベーションが下がってイライラする

ダイエット成功の鍵は心のケア?

今より素敵な自分になりたい。そうおもって、こんなに労力かけて運動を頑張ってるのに、どうしてこんなに痩せないんだろう・・・。そんな気持ちになると前向きに頑張っていた気持ちもポキっと折れてしまうものです。

はじめは前向きな気持ちでダイエットを始めても、モチベーションの低下で湧いてきた焦りやイライラがたまってしまえば次第に痩せにくい状態になってしまいます。ここではダイエット中の心がけておきたいメンタルチェックについてご紹介します。

 

チェックポイント① 体重と感情のアップダウンをセットで把握しよう

ダイエット中は記録をつけている方も多いと思いますが、同じように感情の把握もセットにしてみましょう。

本気でダイエットに取り組んでいる場合、体重のアップダウンで気持ちも一喜一憂しやすいので、「一喜一憂しちゃうもんよね~」と腹をくくっておくこともポイント。

その上で、思うような結果が出ない焦り・不安・イライラなど反応リズムなのだと理解することがポイントです。その反応リズムは自然体なままでOKを出せることが重要で、無理に修正しようとしないこと。

簡単に続けられるように体重を書いた横に顔文字で😊😅😁😫🤩😎といったマークを入れるのもオススメです。特にネガティブ感情の時には思いっきりグレた表情や焦ってる表情など、面白マークを書いてみてください。

 

チェックポイント② 目的意識にフォーカスする

ダイエット成功のカギはズバリ「目的意識」です。今より素敵になれる、健康的になれる、という希望を持てるからこそ「そうなりたい!よし頑張ろう!」と思ってスタートしたはず。その瞬間は「○○の喜びを味わいたい」というポジティブなイメージを目的にしていたはずです。

ところが、実際にダイエットを始めるとその希望をもがれることが色々ありますよね。SNSを開けば食欲そそられる画像ばかり出てくるし、食べることが大好きなのに「食べたら太る」という強迫にも似た思考が頭に湧き上がる。すると、ポジティブなイメージよりも、ネガティブな状態を避けることに意識が移行します。

そんな時にはポジティブな目的意識に立ち返ることが大切。ではどうすれば、ポジティブな目的意識に立ち返ることが出来るでしょうか。チェックポイント③でご紹介していきます☆

 

チェックポイント③ 目的意識のズレを軌道修正する

①言い訳する勇気

思うように痩せないうっぷんを紙に書き出して思いっきり吐き出します。目標達成できない言い訳をこれでもかってくらいしてみましょう。紙に書き出したうっぷんを見て「あぁ、私これがしんどくなってるんだな」「あ、この気持ちに引っ張られてたんだな」と不安・焦り・イライラの原因を「そりゃそう思うよね」と自分自身に理解してもらうことが目的です。

※ここで、「こんな言い訳するなんてダメだ」と否定してしまう場合はご自身の自己否定状態に気づくだけでも過度な食欲がおさまる、ということがよくあります。中には、食べる自分を否定することに価値を見出している場合もあります。その場合は、自分に対してがっかりする悲しみや、怒り感情をため込んで心がこれ以上傷つくのはキャパオーバーという状態かもしれません。その場合は、ダイエットとは別件で、丁寧な内観で心の痛みを癒すことをお勧めします。

②ダイエットの目的を言語化する

ダイエットを決意した理由を思い出してダイエットの目的は何だったか言語化してみましょう。例えば「今より痩せたら自分に自信持てるようになるかもしれない」と思ってダイエットを決意したなら「自信を取り戻したい」「自分を痩せさせてあげたい」これが目的ですよね。

「今よりほんの少し体重落すだけでスラっとした自分になれるかも!」と希望を感じてダイエットを始めたのなら「自分をスラっとさせてあげたい」「そのために少しだけ体重を落としてあげたい」これが目的です。

ここでは自分に何を与えてあげたいか、を明確に言語化して落とし込みます。

③目的のズレを言語化する

希望を感じる目的だったはずが、途中から何を目的にしたダイエット生活になっていたか言語化してみましょう。例えば「痩せるためには食べ過ぎを押さえなきゃいけない」という状況から「食べない自分になること」が目的となっていないか、「痩せるためには運動しなきゃ」という状況から「面倒な努力をする我慢強さ」が目的となっていないか、などストレスがたまっている時にどの目的になってるかを言語化してみましょう。

 

自然体な欲求の制限には限界がある

自然体な自分の欲求を制限することが目的になってしまうと、自覚以上に心身に負担が出て、てかえって食欲がわいてしまったり、体がだるくなりやすいのですが、その反対に、自然と湧き上がる欲求を叶えるためには案外努力は必要なかったりします。つまり、痩せるための我慢が目的になると限界がありますが、自然と湧き上がる喜びを叶えるためならストレスがでないだからと言ってドカ食いは太るので、ダイエットの努力をするストレスをリセットしながら、本質的な喜びを叶え続けることで食事制限さえも楽しめるモードになります。深刻にダイエットするよりもノリでダイエットをしている方が痩せやすいのは意識の違いも大きいんですね。

 

心に余裕がなくなるとドカ食いしてしまう

私は今でこそダイエットする必要がなくなったのですが、以前はリバウンドを繰り返し過ぎて、何をやっても痩せず太り続ける時期がありました。

自己嫌悪になりながらも、食欲が強く、衝動的に食べてしまい、食べ終わっては凹みまくる、場合によっては悲しくなってきて涙が出てくる、なんて時期がありました。

そんな自分に対してツッコミを入れているのは誰よりも自分なんですよね。

「泣くなら食うなよ。」と自分を責めていたんです。自分を責めることで、「自分はまだ痩せる自分を諦めてない、まだ痩せれるんだ」と希望をつなぎとめていたようにも思います。

服を着ても痩せてる頃のスカスカ感がなくパツパツになって、デリカシーがない人には「あら~太ったねぇ」とニコニコ言われる。悪気が無いって本当に厄介ですよね😅顔では笑って「そうなんですよ~」といいながら、一人になってから悔しくてムカついて、また涙が出てくる・・・。ここには書けないような怒りの感情がたくさんありました(笑)

こんな精神状態になると、心と身体が緊張しこわばるのは当然。自分では自覚できないことが多いですが、心が緊張する状態になると、体は「逃げる(避ける)か、戦うか、固まる(硬直する)か」のモードになるんです。

ストレスがたまったときに甘いものやお酒に走ってしまったり、情動的な感情を抑えられなくなってしまったり、筋肉も硬くなって痩せずらい状況ばかり揃ってしまうんです。

 

ダイエットとメンタルケアは切り離しようがないもの

ダイエットは体と心のケアがセットです。体重やボディラインに着目するのと同じように、心の状態にも目を向けて心と身体の二人三脚で楽しんでくださいね☆

私は内観セラピストなのでお客様の心と向き合うサポートをしているのですが、これまで出会ったお客様は、心の整理がついただけでなぜか体重が減って笑えた。とか、あんなに苦しかったのに今は頑張ることが爽快で楽しい!とお喜びの声をいただいて、そんな嬉しい声をきっかけに私の食べ過ぎがなくなることまでありました(笑)

女性って、どうしてもキレイであることが当たり前、みたいな無意識のシバリみたいなのがあるとおもいませんか?個人の考えとかではなくて、そういう集合無意識によるものだろうと思います。だから、美意識が高い人や、見た目にコンプレックスがある人は、「ダイエット」というきっかけを通して、自分を進化させるための内面的な向き合いに直面することが多いのかもしれません。

関心がない人からすると、たかがダイエットですが、人って魂の願いの方へ進んでます。ダイエットを通してご自身を磨いている方は、ぜひその素敵な姿に労いを向けて欲しいと願っています☆

 

問い合わせ
アクセス

関連記事

問い合わせ

アクセス

最近の記事

RSS アメブロRSS

PAGE TOP