こんにちは。

 

札幌の心理セラピスト・ゼロリセットトレーナーの

設楽紀子(したらのりこ)です。

 

今日は

現状が苦しいときの

ちょっぴりラクになる

心の対処法

 

です。

 

用意するもの:紙とペンor スマホのメモ帳

(慣れてきたら不要)

 

今現在、苦しい状況にあったり

気持ちの全部が支配されてしまうほどの

悩みを抱えているときには

 

なかなか、その苦しさから逃れることってできませんよね。

そんな時、どんなふうに心を取り扱えば

少しでも気持ちが楽になるのか、

そして、これをやれば、なぜ楽になるのか

その理由について書いてみますね☆

 

 

「苦しい現状」と「気持ち」を2つに分ける

 

ステップ①

まずは、自分が知ってる感覚をキャッチして

俯瞰するという重要ステップから始めましょう。


目の前の現実、
現状が苦しい時って

好転させることに意識が全部持っていかれたり

どうにもならなくて絶望する以外に心のやり場がない

って感覚になりませんか?

 

気持ちが苦しいときの焦りや不安、悲しみや怒りなどで

気持ちが埋め尽くされている感覚を思い返してみて

「あぁ、この感覚ね。」とまずは確かめてください☆

いやだなぁ、おもいなぁ、くるしいなぁ、ぎゅうぎゅうだなぁ

ってなる、その感覚です♪

今日はそれを取り扱っていきますよ~(^^)/

 

ステップ② 2つに分ける

●状況を好転させようと考えること

●好転させようがなくて締め付けられる気持ち

●苦しい状況・現実

●好転させようがない起きてしまった状況

「心の反応」と「状況」の2種類に分別してみて。

 

もし、苦しい状況や、現状を

見るのがしんどい時は、心の方だけでOK!

 

現状を一旦横に置いて

湧き上がる考え事、

嫌でも湧き上がってくネガティブな想像、

焦る、苦しい、怖い、不安、寂しい、などの感情

 

だけをノート(スマホ)に書きだす。

時間がないときは、心の中で

苦しい状況に対して

「どんな気持ちがわいてるかな」と

心の反応だけにフォーカスしてみてください。

しんどい気持ちを

「思い出す感覚」「思い返す感覚」

「体全体の感覚」「観察してる感覚」

になってますか?

 

今感じてる気持ちを解説する

感じている気持ちにフォーカスしたら

今度はそれの

痛いツボ、嫌なツボ、苦しいツボ

を解説できるように絞り込んでみてください。

 

例えば

失業して収入の目処が立たない状況だとする。

湧いてくる気持ちの反応は

焦り、不安、悔しさ、悲しみ、恐怖感だとします。

あなたが今、一番苦しいツボは何か

短く解説できるまで絞り込んでみて☆

※これの目的は、心がどの感情を避けないと危険と感じているのかをキャッチするため

 

例えば、

・支払いができない状況を想像して焦っている私がいる→「できない状況」に陥る焦りがツボ

・家族に申し訳ない気持ちで苦しくなってる私がいる→申し訳ない(罪悪感)がツボ

・不本意な状況が納得できなくて怒りがわいてる自分がいる→納得できない不本意さがツボ

・越えたかった状況を越えられなかったことが悔しい自分がいる→越えられなかった悔しさがツボ

・この状況になっていることを責められる気持ちになって苦しい自分がいる→責められる苦しさがツボ

 

こんなふうに、自分の心の苦しさを

短く解説する文章を書きだしてみて。

声に出せるときは声に出して読む。

声に出せないときは、自分の心の解説文を

丁寧にやさしく心で実感してください。

そんな自分を責めて苦しくなる時は、

ほかのステップも加えると楽になるんだけど

文章に書ききれないので省略します。


ここまでが今日お伝えする

ちょっぴり軽くなる心の扱い方です。

なぜこれで楽になるかというと

 

心の苦しさっていうのは

感覚から少しもズレずにキャッチして実感すると

その感覚はそこで終了する仕組みになってます。

つまり、心底認めてわかってあげればいいだけなの。

シンプルなんだけど、それがなかなかできないのが

我々人間のさが。

 

湧き上がる反応の中から抜け出して(=観察者の視点)

ズレずにキャッチすることができないと

苦しくて、これからも苦しみが続くと錯覚しちゃうの。

 

現実に起きている出来事と

心で起きている感情や思考の反応が

全部ごちゃ混ぜになった状態で「これが現実だ」

って感じるのが私たちの通常モードだからです☆

 

実際に心を苦しめていくのは心の反応でしょ?

その反応のきっかけになったのが

現実の出来事ですよね☆

 

別件として取り扱うとスムーズに進みはじめます(^^)

 

苦しい心は、心の対処

苦しい現状は、現状の対処

混ぜないのがポイント。

 

感情的になって不本意な判断をしてしまったり

目に見える結果や状況だけで心を縛り付けてしまったり

しちゃうのも防げますよ〜♪

 

一般的には

苦しいときは現実の出来事に対処することが

正しい在り方だと思われがちで

心の声に耳を傾けて集中することは

現実逃避だと誤解されがちですが

 

実際には、心も現状もリンクしているので

どりらか片方だけを取り組むっていうのは

現実的な対処とは言えませんよね☆

 

まずは目を閉じて、心を少しでも軽く戻しましょう。

心が軽いと、本来のあなたの力が発揮されます。

 

そのうえで、目を開く。

そして、現実の対処を自由な選択として選びましょう(^^)

 

場合によっては、心が整った状態で現実を見れば

状況に対しての見え方が変わることもあります。

もちろん、相変わらず厳しい状況の場合もあります。

 

どちらにしても、

何度でも心の声に耳を傾けて

ニュートラルな本来のあなたでありますように☆

 

 

〈ご案内〉
 ※オンライン(zoom)でもご参加いただけます。
 
 
心の仕組みをちょっぴり学んでみたい方
ご予約・お問い合わせ
問い合わせ
アクセス

関連記事

問い合わせ

アクセス

最近の記事

公式フェイスブックぺージ

RSS アメブロRSS

PAGE TOP