急に不安になる、極度の寂しさで怖くなる時/内観セラピー 札幌・全国

  • 襲われるような強い不安感情や孤独を感じるときがある
  • 深刻になるのが嫌で人に相談できない
  • まるで出口の見えないトンネルに入ったような極度の心細さに襲われる

 

こんなお悩みを持っているのはあなただけではありません。私たち人間の機能として、こうした強い不安感情が湧くことがありますが、それにしてもその感情が強すぎると辛いものです。普段からこの感情に悩ませられるわけではなくても、悲しいニュースとか、急な停電、地震など・・・緊急事態の直後だったり強い緊張の後にも湧きやすいかもしれません。

こんなときは、深呼吸したり体をほぐしたり、アロマなども効果的ですが、何をやっても試しても気持ちがラクにならない。むしろ、そういった対処をする心の余裕もない程シンドイ。そんな時もあります。

こうした吐きどころのない感情や、エネルギーダウンのように感じる時は「感情を俯瞰(ふかん)する」+「深呼吸」で通常の意識状態を取り戻しやすくなります。

 

俯瞰のコツ①

俯瞰(ふかん)とは、感情を観察する視点に意識を持っていく感覚です。私達は普段、嬉しい時には喜びの感情を、悲しい時には悲しみの感情が湧いてきますよね。この状態は「感情を感じている状態」です。

でも、感情は今現在感じているものだけではなく、過去に感じた感情を思い出すことも出来ます。試しに、過去の楽しいことは楽しい感覚、悲しいことは悲しい感覚を思い出してみてください。すると、その感情のニュアンスをしっかりキャッチしながら、少し距離が離れたところから「感情を観察している意識状態」になっているのがお判りでしょうか。この感覚を「俯瞰」といいます。

この感情の俯瞰を、実際に不安が湧きあがっている真っ最中や、恐怖がむくむくと湧いてくる真っ最中に、意識的に行うことが出来るととても楽です。慣れが必要ではありますが、感情を俯瞰することでネガティブな感情に巻き込まれることが圧倒的に少なくなります。

俯瞰のコツ②

感情を俯瞰できればラクになるとわかってはいるものの、実際にいざネガティブな感情がどっと沸いている時には、つい感情にのまれてしまうものです。

そこで、スムーズに俯瞰の意識状態に移行するコツがあります。それは、イメージ力を使うこと。

辛い感情に襲われてる真っ最中の自分を、リカちゃん人形位のサイズ(手のひらサイズ)にイメージしてみます。このミニサイズな自分は分身で。同じように辛い感情を味わっているという設定です。このミニサイズの自分に対して、話しかけます。

話しかける内容は何でもOK。一緒に辛さを分かち合ってもいいし、ミニサイズの自分を励ましてあげてもOK。

このイメージをすることで意識が自然と俯瞰状態に移行します。イメージする映像に正確さは必要ありません。また、ストーリー性を持たせる必要もありません。

感情を俯瞰するコツ③

3つ目のコツは深呼吸です。ここでお伝えする深呼吸は、難しいものではなく、「今ココ」に意識を集中させる目的で行います。大きく吸ったり吐いたり、途中で止めたりしなくても良いので、自分の呼吸に意識を集中することで、思考が落ち着いてきます。

アメブロ:強い感情でプチパニック(取り乱してしまう)時の対処

アメブロ:嫌な想像を膨らませて頭が真っ白になる癖

アメブロ:感情の扱い方って大事。HSPの方もぜひ。

初めての方・リピーター様の近況相談はこちらから

フォローよろしくお願いします☆

問い合わせ
アクセス

関連記事

問い合わせ

アクセス

最近の記事

RSS アメブロRSS

PAGE TOP