内観力を上げる意識の使い方

この記事はこんな人にオススメ
  • 内観したい
  • 内観のコツをつかみたい
  • 内観しても苦しくて続かない

 

内観力を上げる意識の使い方

内観するときは「自分を観ること」だけを目的とすることが内観の質を高めるポイントです。ついやりがちなのは、悩みやモヤモヤを解決したいがために、自分が思いたいように寄せて考えてしまうこと。

目的意識が「自分を観る」以外の方向にズレたまま内観すると、不安やモヤモヤが消えないまま頭がグルグルして堂々巡り状態となります。

こうした無意識の「目的意識のズレ」は脳の仕組みとして当たり前に起きることなので、それに気づくことがコツです。内観が慣れてくると、どんどん内観力がアップするので日常が気づきの連続になります。

 

メタ視点・俯瞰(ふかん)・客観視

私達は普段、湧き上がる感情や思考を感じていますが、その「感じている私=体験者の私」から少し視点を離して、「体験者の私を見る私=観察者の私」の視点に立ってはじめて内観をすることができます。このふたつの視点の感覚の違いを体感的になれることで内観力がぐっと上がります。

 

心の仕組みに沿った内観をする

心の反応を客観する際に、適切に観察できているかよくわからない。と感じる方がいらっしゃいます。その場合、「感じる」のではなく「感じないから考えてしまう」という状態になっていることが多くなかなかすっきりしません。

他にも、ただやみくもに自分の悩みや考え事を眺めようとしてもスムーズな内観にならずかえってモヤモヤする、なんてこともあります。内観をする時には大まかな心の仕組みや感情について把握したうえで、自分の心の反応はどうか観察することが内観をスムーズに進めるコツです。

 

 

 

オンライン 札幌 カウンセリング 心理カウンセリング 女性 体験 カウンセリング

はじめての方やメニューのご相談はこちら

問い合わせ
アクセス

関連記事

問い合わせ

アクセス

最近の記事

RSS アメブロRSS

PAGE TOP