内観で進みたい方向性が明確になった

【内観のご感想】

疲弊するまで頑張ってしまう。頑張るのをやめられない。そう思って内観しようと思いました。

自分と向き合っていく中で、進みたい方向が明らかになり、「頑張りたくないなら頑張らなくても良いんだ」というマインドを持っている自分に気づくことが出来ました。これは以前と変わったなぁと思います。

内観をはじめてから、少し経ってた頃、何のために仕事を続けてきたのか気づくことができました。私が悩みながらも仕事を続けていたのは、娘への愛だった。そして、私にとっては娘を愛することと自分を愛することが繋がっていたことにも気づきました。

【内観をご検討中の方へのメッセージ】

自分の感情と出来事は複雑に絡んでいて、最初は自分で紐解くのは難しいです。サポートをしてもらえることで自分の本心がクリアになって、「うっすら思っていたけどやっぱりそうだったんだな!」とわかる感覚があると思います。

 


頑張りすぎてしまう癖を手放したい方へ

頑張りすぎることは、多くの人が抱えている共通の課題です。自分の中に眠る心の声を内観していくと、頑張りすぎることをやめられない背景には、過去に体験した辛い体験や成功体験から培(つちか)った、自分ならではの優先順位や思考パターンがあり、それを簡単には手放すわけにはいかない事情もあるものです。

心ではこうしたいと願っている一方で、理性がブレーキをかけて自分を解放しきれない。そんな部分を、心の仕組みに沿った内観で、丁寧に理解しながらゆるめていくことで自分に合った頑張り方、休み方がわかってきます。

内観の視点が身につくと、自分が頑張りたくないのなら、本当に必要なことにエネルギーを注ぐという選択肢を持てるよになります。疲弊するまで自分を追い込み、頑張っている人は、そこから抜け出したいと思う自分を許せるようになることも大切です。

自分のバランスに合う考え方を見出していきたい方、自分に対する優しさを許容できるようになりたい、自分の心の声を尊重する勇気を育てたい方は一緒に内観ライフをはじめましょう。

 

▼こちらにもお客様から頂いたお声を掲載しています

 

 

問い合わせ
アクセス

問い合わせ

アクセス

最近の記事

  1. やりたいことがわからない 自分にフィットする内観
  2. 新しい自分を生きてる
  3. 考え過ぎる自分でいい
  4. 欲しいのはリアルな安心感覚
  5. 自分らしさを潰さない

RSS アメブロRSS

PAGE TOP