愚痴が終わらない理由と愚痴の聞き方

あなたの周りに愚痴っぽい人はいますか?

 

今日のテーマは愚痴です。

身近な人が愚痴っぽくて困ってる方や

聞いてあげたいけど、どうしたらよいかわからない

という方の参考になればうれしいです☆

※この記事は愚痴をやめさせる方法ではありません

 

さて。

愚痴が終わらない理由はシンプルで

愚痴る」という目的

達成感を得てないからです。

 

「愚痴れた―――!」って感覚を実感できると

愚痴はそこで終了します。

 

 

あなたも経験したことないでしょうか。

大事な話をしているときに

余計なアドバイスで話の腰を折られたり

何かやりながら片手間に話を聞かれて

相手に「伝わってる感」ない、とか。

相手が聞いてくれてない感で不満を感じたこと。

みんな経験ある気持ちだと思うの。

 

場合によっては

「ちょっとちゃんときいてよ!」

なんて言っても

「さっきから聞いてるじゃん!どうしろっていうの?」

なぁーんて言われて撃沈したこと

夫婦間ではあるあるじゃないでしょうか(^^)

 

愚痴が長い人の心理状況は

実際に相手(あなた)が

話を聞いているかどうか関係なく

「聞いてもらえてない」

と感じている可能性があります。

 

その人の心理状況として

それが事実と感じてしまう背景があるから

仕方がないの。

 

もちろん、聞き手(あなた)が悪いわけではないのだけど

話を早く終わらせようとして

アドバイスをしたり、策を練ろうとしても

 

相手の心の中で

自分の話を受け取ってくれてない

と思っている限り

会話のキャッチボールはスムーズに行かないし

 

話も聞かずにアドバイスされてる

と錯覚してしまうの。

 

だからもし、

話を聞いてあげたいわけじゃないのなら

話を聞かない。という選択肢を

自分の意志で持ちましょう。

優しい断り方を考えたいところですが

それって結局、相手の受け取り方次第なので

なにが正解ってないと思うんですよね。

 

ちなみに、私は

心が苦しくなくて、悩んでもいない

ただ誰かの悪口を言いたいだけの話は

あまり聞きません。

すると、「聞いてくれない人認定」

をしてもらえるので

それでOKなら、それでもいいんです。

 

でも、

愚痴を聞いてあげたい場合もありますよね☆

愚痴りたい時もあるよね!

って思うし(笑)

 

その場合は、

相手が苦しい気持ちを吐き出したいのか

苦しさをあなたに理解してほしいのか

それとも、自分が変わるためのアドバイスを

あなたに求めているのか

を温かく心でキャッチしてみてください。

 

愚痴るときって、心の中が満杯で

軽くしたいだけだったりしますよね。

 

もしあなたが、自分の意志で

話を聞いてあげたいと思っているなら

愚痴る行為を否定せずに

そういう気持ちになっているんだね、と

純粋に心を寄せてられたら、

聞いているあなたも

愚痴る側も、納得の選択なはずです。

 

大切なことは

人の愚痴を聞かなきゃいけないと

自分を縛らないこと。

愚痴を聞かなきゃいけないと

自分を責めないこと。

そして、

聞いてあげたい気持ちがあるなら

「聞いてあげたい気持ちがある」と

まずは改めて自分自身がわかってあげる。

そのうえで、聞くこと。

 

自分の「聞いてあげたい」を

再確認するってすごく大切。

 

傾聴スキルとか

共感力を上げるナントカ

みたいなテクニカルなことよりも

あなたの中からわいた温度

のほうが伝わるはずです。

 

ちなみに、愚痴っているからと言って

愚痴ってる本人が

本当に困っているか

本当に悩んでいる自覚があるかは

まったくの別物。

 

言葉でどれだけ

「こんなひどいことがあった」

と言っていても

「こんなひどい目にあったから私は今苦しいんだ」

と痛みを感じている自覚があるとは限りません。

 

自覚してないから、悩みも始まらない。

悩んでるわけじゃないから、アドバイスも不要。

 

ちょっと雑な説明ですが

ざっくりいうと、そんな感じ☆

 

世のご主人たちも

奥様の愚痴を聞きたくない気持ちと

聞いてあげたい気持ちとの

せめぎあいではないでしょうか(笑)

夫婦の場合は愚痴じゃなくて

クレームの可能性もありますが(笑)

 

相手が感情的になって

キャッチボールが成立しない場合は

「あなたの話をききたいし、

聞いたうえで私の気持ちも話したいから

私が話してる時は、私の話を聞いてほしい。

そのうえで、またあなたがどう思うか聞かせてほしい」

 

といった感じで、

まずはお互いの気持ちや姿勢を

分かり合うところから始めるのも

大切かもしれませんね(^^)

 

もちろん、こういうのも

それぞれのキャラとか関係性によるので

みんなそれぞれに

自分の素直さに立ち返って

柔らかく自由を選べると素敵ですね☆

 

というわけで

今日は「愚痴」について語ってみました☆

 

 

 

ご予約・お問い合わせ

http://true-face.jp/otoiawase/

 

問い合わせ
アクセス

関連記事

問い合わせ

アクセス

最近の記事

RSS アメブロRSS

PAGE TOP