こんにちは。
 
札幌・オンラインで自己否定専門に
 
カウンセリングやメンタル講座を開催しています。
 
心理カウンセラー設楽紀子(したらのりこ)です。
 
 
 
 
今日は

誤解しやすい鏡の法則のおはなしです。

 
 
鏡の法則って言葉、聞いたことありますか?
 
 
 
相手は自分の鏡。相手も自分自身なんだよ!
 
とか
 
●相手を悪く思うのは自分を投影(とうえい)してるんだよ!
 
とか言われるアレです。
 
 
「鏡の法則」
 
「相手は自分」
 
「自分を投影してる」
 
 
これらの言葉で誤解を招いてることがとーっても多いんですチュー
 
 
誰かに心のモヤモヤを話したら
 
 
「相手は自分だからあなたも相手と同じだよ」
 
なーんて言われてしまって
 
 
 
私のせいだっていうの!?なんで!?
 
と自分を責めるような気持ちになったり、相手を責める気持ちになったり……。
 
 
心理系の学びをされている方にとっては、よくある話かもしれませんね☆
 
 
こんなふうに、「責め」が生まれちゃうと、やっぱり苦しいよね。
 
 
この記事は
 
「相手は自分」という言葉が
 
 
自分を責めるための言葉ではなくて
 
自己理解のヒントになる言葉になったら嬉しいなぁ
 
という想いで書いてます♪
 
 
 

 
まずは例え話から。
 
想像してみてね☆
 
↓↓↓
 
 
会社に行ったら先輩 Aさんがいました。
 
正直なところ
 
あなたは以前からAさんのことが嫌いです。
 
 
この日はAさんが珍しくミニスカート姿。
 
あなたはミニスカート姿のAさんに
 
なんとなく、イラッとしました。
 
 
 
 
 想像で答えてみてね。
 
 
質問1  
 
あなたは❮なぜ❯イラッとしたのでしょうか?
 
(例)
Aさんが調子に乗ってるように感じた
 
 
 
 
質問2
 
Aさんに対して内心イラッとした瞬間の❮心のツブヤキ❯を言葉にすると
 
どんなセリフになりますか?
 
(例)
いい歳こいてミニスカなんて履いてんじゃぁないよ!!みっともないヤツめむかっ
 
 
 
こんな感じで(例)を参考にして、
 
あなたの自由に想像してみてくださいね照れ
 
 
 
 
さて。ここからは
 
鏡の法則「相手は自分」ってどういうこと??について解説です☆
 
 
先ほど想像してみた心のつぶやきを
 
今度は
 
大自然の山並みに向かって叫んでるイメージをしてみてください(笑)
 
 

 
 
すると、
 
山びこで自分の叫びが自分に向かって返ってきました。
 
 

 
「相手は自分」というのは、この山びこのように
 
相手に向かっている感情や想いは
 
実は、自分の内面に向けている判断や批判
 
という意味なんです。
 
 
これは人間誰でもやっちゃうことなんです☆
 
 
もう少し詳しく書くとこんな感じ。
↓ 
 
 
私たちは相手という人物像に
 
自分の考え、想い、記憶などの
 
「my情報=自分自身のもの」を重ねて見てしまう習性がある
 
ということなんです。
 
 
これが、相手は自分て意味です。
 
 
だから、この記事で書いたようにミニスカを見たAさんに対して
 
イラっとしている心の奥には
 
●批判される悲しみ
●縛られることへの抵抗
●バカにされる悔しさ
 
など(↑あくまでも例ですが)
 
傷ついた想いが自由になりたくてうずいている
 
のかもしれません。
 
 
 
だから、
 
Aさんに対してイラッとした自分
 
責める必要はないんです。
 
 
自分を責めたり、相手に攻撃することではなくて
 
なぜイラッと感じたのか、イライラが生まれる気持ちの背景を
 
汲み取って観察すると色んな気づきがわいてきます☆
 
 
その気づきが新たな発見や自己理解となって
 
心のモヤモヤがスゥーっと晴れます☆
 
やり方を知りたい方はTrueFaceへウインク
 
 
 

 

札幌中央区大通西14丁目

本来の自分に還る場所 ~ TrueFace ~

 

プロフィール

 

TrueFaceとはこんな場所です

 

心理カウンセリング 個人セッション

 

心がちょっと軽くなる・自分を見つめる体験講座

 

 ●心を学んで楽しくじぶんをケアする ・メンタルケア基礎講座 

 

 

ご感想集

 

 

どのメニューを選べば良いかわからない等

お問い合わせ・お申し込み

  ↓クリック

 

又はメールで☆

http://true-face.jp/otoiawase/

 
 
アダルトチルドレン・HSPでお悩みの方もお勧めです。
 
 
問い合わせ
アクセス

関連記事

問い合わせ

アクセス

最近の記事

RSS アメブロRSS

PAGE TOP