こんにちは。

札幌の心理セラピスト・ゼロリセットトレーナーの設楽紀子です。

絡まった気持ちを汲み取り、丁寧にほどいて

ほんとの悩みから解放されるこうざやせっしょんをかいさいしています。

 

きょうは

相手に自由を与える覚悟と恐怖

というテーマで書いてみたいと思います。

 

相手を自由にする。という言葉を聞いて

あなたはどんな気持ちがわいてきますか?

 

人に自由を与えてますか?
 
束縛はしますか?
 
干渉はしますか?
 
 
心配はしますか?
 
どうなっても大丈夫と思えますか?
 
 
 
 
人には人の人生がある。
 
人はそれぞれ違うもの。
 
あなたは貴方らしくあればいい。
 
 
 
 
なーーんてことは重々承知の介ですが
 
身近にいる相手や、大切な存在ほど
 
 
こうしてほしい
 
あーしてほしい
 
 
こうであってほしい
 
あーならないでほしい
 
といった想いが沸き上がりませんか?
 
 
 
本当ならさ、自分も相手も自由がいいですよね。
 
安心の中で自由でいたい。
 
自由を奪わないでいたいものです。
 
 
 
けれど、安心と自由は時に真逆でしょ?
 
不自由が安心で自由は怖かったりします。
 
 
 
相手に自由を与えてしまったら
 
自分との関係性や、
 
自分が望む未来の形にも危うさが出てしまう。
 
 
 
例えば
 
側にいて触れ合いたい相手に
 
自由を与えてしまったら
 
側にいること、触れあう喜びを失うかもしれない。
 
 
 
アイツの好きなようにさせてしまったら
 
私が負担を負う羽目になるかもしれない。
 
 
 
あの人を放っておいてしまったら
 
またあの人の泣き顔を見ることになるかもしれない
 
本当は笑顔が見たいのに、、、
 
 
 
といった感じで
 
少なからず未知という危うさが伴いますよね。
 
 
 
他者に対して全てを委ねることは
 
自分の未来(未知)に対して
 
「どうであろうと、それでも私は私を幸せにするよ」と
 
約束するようなものかもしれません。
 
 
 
その人との関係性の中で湧く
 
自分自身の感情も思考も、在り方も
 
全て自分で責任を持つことにならざるを得ません。
 
 
 
自分が感じている痛みを
 
誰のせいにも、何かのせいにも出来ない。
 
 
 
お子さんを持つお母さんたちは
 
いつもこの恐怖と向き合っているかもしれませんね。
 
 
 
子どもには自由を与えたい
 
愛しているからこそ幸せになってほしい
 
出来れば安全でいてほしい
 
出来れば笑顔でいてほしい
 
 
 
溢れる愛が止まりようがない中で
 
人生には波があることも知っています。
 
その波のなかで痛みにも宝物にも出会うことを知っています。
 
 
 
我が子を信じ、委ねよう
 
という決意を持つ瞬間のソレは
 
愛ある覚悟以外の何ものでもないのでしょう。
 
 
 
そして、ソレが出来るかどうかは
 
おそらく答えも達成もなくて
 
そう在りたいと願う母の祈りなんだと思うのです。
 
 
 
そういう覚悟を持ちたいと思うか否かは
 
人それぞれの感触や表現があるかもしれません。
 
 
 
私は、もともと不安傾向が強く孤独感も強くて
 
何かに依存する傾向にありました。
 
 
何となく自分でもわかっていたから
 
強がって平気なふりをするか
 
どうにか相手に見捨てられないでいるか
 
の二択でした。
 
 
 
 
今は、以前のような孤独感よりも
 
相手に自由を与え、自分の未来の体験に責任を持ちたいと
 
自然体で思えるようになりました。
 
 
 
それでも、同時にちょーーーー怖い💦
 
という感情があることに気づいたりもするんです。
 
未知に対する恐怖心や不安が
 
渦巻くのを感じることもあります。
 
 
 
そんな時に、自分を支えてくれるのは
 
何が起きて何を感じても、引き受けるよ👍
 
みたいなどっしり感で
 
自分に自由を与える覚悟を決めるからこそ
 
相手にも喜びの中から自由を与えられるように思います。
 
 
 
では、覚悟ってなにかしら?
 
私、昔は、覚悟って気合いだと思ってました。
 
気合い、忍耐、根性。
 
それが覚悟だと思ってたし、それが立派でかっこいいと思ってたの。
 
えぇ。昭和生まれですから(笑)
 
 
 
時代と共に変化ってするものですね。
 
今はこう思ってます。
 
覚悟って、「受け入れる」ということなんだろうと。
 
 
 
どんなサマも、その存在を受け入れる。
 
 
 
人や者の存在だけじゃなくて
 
気持ち、思考、痛み、葛藤、、
 
あるものを、「が、在る」と受け入れる。
 
 
 
受け入れる在り方をしたい
 
と願いが湧く
 
そんな心持ちのことなんだろうと。
 
 
 
そして、「受け入れる」ってのはさ、
 
温かい諦めなんだよね。
 
 
 
諦めってね、
 
落胆したり絶望するときだけじゃないじゃない?
 
 
 
温かい諦め
 
朗らかな諦め
 
撫で下ろすような諦め
 
 
 
皆さんはどうですかね?
 
これまでも温かい諦めしてきたでしょ?
 
その度に、内側の力を感じてきたことと思います。
 
 
 
ちなみに私はね、
 
諦めが悪いことにも定評があります(笑)
 
落ち込んだり、悲しんだり、ビビったり
 
夫に話を聞いて貰うとき笑われるの(笑)
 
 
まーそーゆー部分もお茶目かなって
 
少しずつ、そう思えるようにもなってきてるから
 
すごいもんだなと自分でも感心します。
 
 
 
温かい諦め、勇気、
 
何歳になっても、私たちはノビシロだらけなはず(笑)💕
 
笑いあいながら、
 
一緒に心と向き合って気づきを深めていきましょう☆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問い合わせ
アクセス

関連記事

問い合わせ

アクセス

最近の記事

公式フェイスブックぺージ

RSS アメブロRSS

PAGE TOP