仕事に活かす内観ノート術/思考整理・メンタルケア

やるべきことが山ほどあるのに、頭の中がごちゃごちゃして仕事がはかどらない、集中力が落ちる。そんな時は3ステップの思考整理法で、頭の中がスッキリさせましょう。

STEP1 感情の俯瞰(ふかん)、客観視

頭の中がごちゃごちゃしている時は、感じている感情を書き出して心理状態を把握しましょう。もし悩みがあったりモヤモヤしている時には、そのメンタル状態のまま行動に移しても不本意な選択をしやすくなるので、気持ちをラクな状態に戻すことが先です。

感情を書き出す例 セリフも書くと書き出しやすくなります
  • 「どうしよう」焦り・不安・怖い
  • 「またかよ」怒り・悔しさ・悲しみ
  • 「なんで私ばっかり」悲しみ・悔しさ・怒り・みじめ・ガッカリ・心細さ
※心がモヤモヤする時の整理方法

 

STEP2 目的の明確化

やろうとしていること、やるべきことを箇条書きにして、全部書き終わったら優先順位を付けます。優先順位が高い方から取り組んでいくのですが、その前に。

優先順位が一番高いものをさらに細かく箇条書きにして、それをやる理由、目的を具体化していきます

 

STEP3 締め切りの把握と、得意不得意の把握

取り掛かる作業の締め切り・期限などを書き出して急ぎのものとそうでないものを把握します。その中でも、自分でサクッと出来るものや、誰かに聞いたり調べたりする必要があるものは印をつけるなど、出来るだけ自分が取り掛かりやすいものと、そうでないものを明確にします。

こうしてやりたいことを、一つずつこなしやすいように整理したらあとは、あとはこなしていくだけです。ポイントは、①感情的なモヤモヤを先にクリアにすること。クリアになった状態で、②③の具体化を進めることです。

内観をお仕事に取り入れる場合、感情整理と行動整理を混同してしまって、気持ちが落ち着かないまま行動の質が落ちてしまうことがよくあります。お仕事を楽しくスムーズに進めるためにも、まずは心を軽くしましょう。

 

日常に活かす内観をはじめよう

まずは気楽にモヤモヤを相談してみたい方はこちら

Instagram

問い合わせ
アクセス

関連記事

問い合わせ

アクセス

最近の記事

RSS アメブロRSS

PAGE TOP