タイトルが(続)となってますが、

体験してること1 の記事はアメブロにのせてるので、ご興味持ってくださる方は↓こちら

https://ameblo.jp/ikimononouta/

 

 

(日記     続・体験してること)

コロナウィルスという存在のお陰で
自分を見る機会が増えまくって、
命を感じる機会が増えまくって、
1人1人違うのだと感じる機会が増えまくって、
幸せが増えまくって、
切なさと悔しさを痛感して、
怒りも沸いて、諦めにも触れて、

自分の大切なことや、人や、人たちを
自分の精一杯で大切にし、守るために

決断し、選び、形にしたソレが、

形や結果として目に見えているのは表面の一欠片であること、
その一欠片を見てジャッチされることも受け入れること、
外側には見えていなくても、自分の核となる温度を貫いたとき、貫こうと思うとき、
いつもより少し多めに、自分を好きになれること

を知った。

沢山の悲しみを体験してる人達が多い中
コロナがあって良かった、とは言いたくないけど
この社会勉強をさせて貰えるのは
私にとっては感謝だったりする。

そして、次の瞬間自分が感染したとしても
感染した自分を束縛することなく愛せるのか、体験しないとわからない。

そうだ。そういえば

コロナがなかったら
今ごろ夫婦でお伊勢参りしてたんだ。
初めて行ったお伊勢参りは
1人だったこともあってか
途中から感謝が溢れて泣きながら歩いてた。
美しい木々、穏やかな光、自分の中に自由が与えられてることを感じてた。

それは、この場所はキッカケに過ぎなくて
本当ならどこにいても感じられるモノだと教わった気がした。

そんな気持ちは
すっかり忘れていたけれど
ここで、思い出させて貰った気がする。

今この瞬間は、そんな、気持ちだ。

※写真は伊勢神宮の葉っぱ。

home

 

問い合わせ
アクセス

関連記事

問い合わせ

アクセス

最近の記事

公式フェイスブックぺージ

RSS アメブロRSS

PAGE TOP